歴人マガジン

歴人マガジン

【 アーマードバトル 】3/20 リーグ戦「STEEL! 」激戦の火ぶたが切って落とされる!

歴人マガジンで過去何度もご紹介している「アーマードバトル」。
史実に忠実に作られた西洋・日本の甲冑(総重量20キロ以上!)をまとい、いろいろな武器を使って厳然としたルールのもとファイターたちが競う「甲冑格闘技」です。

西洋甲冑のサングリエ、ドラコーネズ、そして日本甲冑の黒鋼衆という3チームからなる「ジャパン・アーマードバトル・リーグ(JABL)」に所属するファイターの熱戦は、開催ごとにファンを増やし、JABLサポーターズ・クラブなるファンクラブも発足して盛り上がりを見せています。

12733518_1983649275192825_3356542614433833133_n

さて、きたる3/20(日)に、JABL3チームによるリーグマッチ「STEEL!」が開催。
果たしてどんな戦いになるのでしょうか!?

強豪サングリエの牙城を崩すのは果たして!?

個人戦の記録では拮抗しているものの、これまでのリーグ戦においては、身長2メートル近い巨体の阿見選手率いるサングリエが不敗という記録を打ち立てており、他の2チームがその牙城をどこまで崩すのかが見どころ。

最強チームサングリエ。左から清宮、ショーン、阿見、佐藤、ジョシュアの各選手。

最強チームサングリエ。左から清宮、ショーン、阿見、佐藤、ジョシュアの各選手。

サングリエ阿見選手 そのファイトとは対象的な優しい笑顔

サングリエ阿見選手 そのファイトとは対象的な優しい笑顔

このリーグマッチは、使用する武器、選手の体重、また個人戦と団体戦などで構成され、また点数も打突によるポイント制やダウン制など、細かいルールが決められています。

最初はその迫力に押され、ルールや技がよく分からないかもしれません。
しかし何度も見ているうちにそれぞれのファイターによって得意ワザや戦い方が見えてきますので、お目当ての選手を追いかけていくのも楽しみ方の一つです。

サングリエと黒鋼衆のメーレー(団体戦)。迫力!

サングリエと黒鋼衆のメーレー(団体戦)。迫力!

これもヨーロッパを中心に世界的に展開されている「アーマードバトル」の共通ルールに基づいてのもの。
年に1回開催の世界大会は数万人の動員、テレビ放送もあるというのだから凄い。

各チームを応援するディーヴァ(女神)たちも!

各チームを応援するディーヴァ(女神)たちも!

ドラコーネズの松尾選手は「赤備え」!!

ドラコーネズの松尾選手は「赤備え」!!

日本の古武術を活かして戦う「黒鋼衆」頭領田中選手。カッケー!

日本の古武術を活かして戦う「黒鋼衆」頭領田中選手。カッケー!

昨年の世界大会でなんと3位入賞の女性ファイター ドラコーネスの加川選手。凄い!

昨年の世界大会でなんと3位入賞の女性ファイター ドラコーネズの加川選手。凄い!

この「アーマードバトル」を主催しているのは、中世西洋文化や剣術のスクール「キャッスル・ティンタジェル」ですが、こちらでも西洋中世文化に関連した楽しそうなイベントを定期的に開催しています。
「最初から格闘は・・・・」という方も、防具なしの体験イベントなどから体験してみてもいいかもしれませんね。

あ、あとひとつ!
今JABLでは、いま公式キャラクターの「名前」募集も同時に開催中だそうです。
月刊アクションで連載中の「乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ」の大西巷一先生の描きおろしイラストの少女の名前を付けてください。

採用された方は抽選で次回6月のSTEEL!リーグマッチにご招待!との特典付きとのことなので、ぜひ気軽に応募してみてくださいね。応募要項はコチラ

ともあれ、今度の20日は、日々勝利のために厳しい練習を繰り返すファイター達の晴れ舞台。
今回から参戦の新しいファイターも多数いるとのことなので、デビュー戦からお目当ての選手を見つける楽しさもあります。

百聞は一見にしかず。あなたの中にあるファイティングスピリットを目覚めさせるきっかけになるかもしれません!
チケット予約はコチラ

イベント概要:
開催日:3月20日(日)
会場:キャッスル・ティンタジェル 東京都豊島区目白4丁目13-3 大和倉庫B
地図:http://www.castletintagel.com/access.html
最寄り駅:JR山手線目白駅 徒歩約10分
開場:14:00~開始:15:00~終了:17:00
<観戦チケット>
1.前売り【座席付】 : 4000円
2.当日券 【座席付】 : 4500円
■観戦チケット:パスマーケット

参照元:
ジャパン・アーマードバトル・リーグ(JABL)」オフィシャルサイト
Facebookページ
twitter
キャッスル・ティンタジェル」オフィシャルサイト

編集長Y

Return Top