歴人マガジン

歴人マガジン

今に残る三国街道~越後側~

荒戸城跡

 

天正6年 (1578) 3月、上杉謙信の急死後、跡目相続の争い(通称、御館の乱おだてのらん)が起った時、小田原勢の侵攻を防ぐため、上杉景勝が急遽築かせたものです。北条方の猛攻により荒戸城は落城し、湯沢一帯は北条方の支配地となりました。

aratojo2

上杉方に一度は奪還されましたが、北条方の猿ヶ京衆の攻撃で再度攻め落とされました。この戦で、直江兼続の叔父と言われる樋口主水助 ひぐちもんどのすけ兼一が戦士したと言われます。直江兼続は、御館の乱で破壊された「泉福寺」を、樋口主水助兼一を弔うために再興したと伝えられています。

戦国時代の山城としては、築城の年代がはっきりしており、さらに城郭が完全に保存されていることなどから歴史的に貴重な遺跡です。昭和51年(1976)3月31日、新潟県文化財に指定されました。

 

 

旧脇本陣「池田家」

ikedaya2

ikedaya1

天明年間 (1781-) のころから脇本陣をつとめた池田家の建物は、370年ほど前に建てられたと伝えられています。

江戸時代の大名の参勤交代の折には、大名の家老などが宿泊し、佐渡奉行が佐渡へ赴任する折にも使われました。明治時代には、明治の元勲、山県有朋や文豪、森鴎外が宿泊した記録もあります。

米や小千谷・塩沢などの織物産地と江戸とを結ぶ、重要な物流ルートであった三国街道の問屋・旅籠でした。嘉永元年 (1848) の三俣大火、慶応4年 (1868) の戊辰の役、大正7年 (1918) の大雪崩の難も免れ、江戸時代当時の姿を今に伝えています。昭和29年 (1954)、新潟県の文化財に指定されました。

 

 

旧脇本陣「越後屋」

echigoya1

元の建物は大正7年 (1918) の大雪崩で失われ、現在の建物は再建されたものです。江戸時代、越後で生産された越後縮は、塩沢 → 関 → 湯沢 → 三俣 → 二居と宿継ぎされました。

江戸の呉服商は、三俣宿に常宿をもっていました。ここ越後屋は、江戸時代の呉服商として有名な「越後屋(現三越)」の仕入れ担当番頭などの常宿として暖簾分けされ、「越後屋」を名乗ることを許されました。

 

 

伊米神社

ime2

ime1

山岳信仰の山、苗場山の里宮で、祭神は九柱ですが、御神体は二柱の神で農耕と山の神を意味し、俗に十二様と呼ばれ、祭日もそれに因んで7月12日と定められています。

この祭日には、昔ながらの烏帽子姿の担ぎ手によって御輿が担がれ、地区をまわります。その行列は、かつての脇本陣や問屋に立寄って休むのが慣わしとなっています。

神輿は200年ほど前に大阪で作られたものが、北廻船で新潟まで運ばれ、信濃川・魚野川の川船で六日町まで運ばれてきたものと伝えられています。

平安時代の延喜年間 (901〜922) に定められた「延喜式えんきしき」にも名がある由緒ある神社です。

 

 

三国峠~上州側~はこちらからチェック!>>道の駅 みつまた

 

 

 

Return Top