歴人マガジン

歴人マガジン

【素晴らしすぎる!黄金の刀剣、日本一豪華な大鎧…】 東京国立博物館で特別展「春日大社 千年の至宝」が開催

春日大社中門
撮影:桑原英文

世界遺産の一つとして有名な奈良・春日大社。奈良時代、平城京の守護と国民の繁栄を祈願するため創建されました。
2017年1月17日(火)から3月12日(日)まで東京国立博物館にて開催される特別展「春日大社 千年の至宝」では、「平安の正倉院」と呼ばれる春日大社の王朝工芸の名宝とともに、中世の甲冑や刀剣、春日信仰にかかわる絵画・彫刻などの名品の数々を一堂に展示。その貴重な品々の中から、ぜひチェックしてほしい見どころをご紹介します。

見どころ①神々しくも愛らしい「神鹿」たち

春日大社は、武甕槌命(たけみかづちのみこと)が鹿に乗り、常陸国鹿島から春日の地に降り立たれたことに始まります。そのため、古くから鹿を「神の使い=神鹿(しんろく)」として大切にしてきました。
本展では、神々しくも可愛らしい「神鹿」の姿を見ることができます。

「鹿島立神影図」
南北朝~室町時代・14~15世紀
(奈良・春日大社蔵)
※通期展示

見どころ②メッキじゃない!超貴重な黄金の太刀

王朝美の精華を伝える古神宝類の数々も展示されています。
平安時代に奉納された本宮御料(ほんぐうごりょう)と若宮御料(わかみやごりょう)の中から、平安時代漆芸品の最高傑作と言われる「国宝 蒔絵箏(本宮御料のうち)」(後期展示:2月14日~3月12日)や、悪左府こと藤原頼長所用の「平胡簶(若宮御料のうち)」(前期展示:1月17日~2月12日)もお目見え。

他にも、歴史上の偉人たちが奉納した貴重な刀剣や武器武具は迫力満点です。
注目は「金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち)」

国宝 金地螺鈿毛抜形太刀
平安時代・12世紀(奈良・春日大社蔵)
※展示期間:1月17日(火)~2月19日(日)

このまばゆく輝く黄金の太刀、現存する毛抜形太刀の中でも最高作と言われています。
素人目に見てもスゴそうだとわかりますが、調べてみるともっとスゴイ事実が。

当時の工芸品は銅や銀などにめっきすることが多かったため、この金地螺鈿毛抜形太刀もそうだと考えられていました。しかし、同時代の太刀と比べ輝きが失われなかったため、第60次式年造替の際に分析してみたのだそうです。
すると昨年秋、なんと柄や鍔、鞘の金具の一部が純金(24金)に近い22~23金という、極めて純度の高い金でつくられていたことが判明。
その金の使用量からみて、当時の権力者である摂関家の誰かが奉納したのでは?と見られているそうですよ。
これは絶対実物を見てみたいですよね!

見どころ③甲冑好き垂涎!美しすぎる「日本一豪華」な大鎧

また、甲冑好きにはたまらない国宝の大鎧、赤糸威大鎧(梅鶯飾)赤糸威大鎧(竹虎雀飾)も展示されています。

「国宝 赤糸威大鎧(梅鶯飾)」
鎌倉時代・13世紀(奈良・春日大社蔵)
※展示期間:1月17日~2月19日

「国宝 赤糸威大鎧(竹虎雀飾)」
鎌倉~南北朝時代・13~14世紀(奈良・春日大社蔵)
※後期展示:2月14日~3月12日

この素晴らしく豪華な「赤糸威大鎧(竹虎雀飾)」、一説にはあの源義経が奉納したのでは?なんていう話もありますが、どうやら時代が違うようです(残念ですが・・・)。

しかし、オリジナルの姿を残す形で補修されているこの大鎧。
当時の最高の技術の結晶でありながら、この状態で残っているのはほぼ奇跡といえるでしょう。一日中眺めていられそうです。

見どころ④インパクト大!平安時代の舞楽面

数多くの神事、祭事が執り行われる春日大社。12月に行われる若宮おん祭は、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。本展では、祭礼の際に神前に奉納された舞楽や能など、芸能に関わる作品も数多く展示されています。

「重要文化財 舞楽面 納曽利」
平安時代・12世紀
(奈良・春日大社蔵)
※通期展示

納曽利(なそり)は龍が舞い遊ぶ様を表わしたとされる舞。この舞楽面は平安時代に作られたもので、大きく見開いた眼や顎を別材で作っており、舞の動きに合わせて表情に変化が出る仕組みになっています。
インパクト大のこの舞楽面、実際につけて舞う様子を想像しながら見てみてください。

いかがでしょうか。どれも本当に素晴らしい春日大社の「至宝」の数々。
東京で一堂に会するこの貴重な機会を、ぜひお見逃しなく!

特別展「春日大社 千年の至宝」
会期:2017年1月17日(火)~3月12日(日)
※会期中に展示替があります。
会場:東京国立博物館 平成館(東京・上野公園)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
詳しくは公式HPをご確認ください。
特別展「春日大社 千年の至宝」HP

写真提供元:春日大社
※記事中の写真は無断転載禁止です。

(編集部)

Return Top