歴人マガジン

歴人マガジン

【世界の4分1を支配した男】元の初代皇帝フビライ・ハンとは?

【世界の4分1を支配した男】元の初代皇帝フビライ・ハンとは?

モンゴル帝国を築いたチンギス・ハンの孫であり、の初代皇帝となったフビライ・ハン。中国を支配し、朝鮮半島や東南アジアへも勢力を拡大したフビライは、日本史においても2度の元寇で知られています。フビライ・ハンとはいったいどのような人物だったのでしょうか?当時のモンゴル帝国の状況とともにご紹介していきます。

ユーラシア大陸史上最大の国土を保有した「モンゴル帝国」

最盛期のモンゴル帝国

1206年、モンゴル高原東部の遊牧部族に生まれたチンギス・ハン(幼名テムジン)により、モンゴル帝国が建国されました。「ハン」とは「君主」を意味する言葉で、以降はチンギス・ハンの血統が歴代のハンを受け継いでいきます。

チンギス・ハンは中央アジアに攻めこみ、西遼、ホラズム・シャー国などを征服。彼の死後もその子や孫が領土を拡大し続け、最盛期には実に地球上の陸地の約25%を統治する大帝国となりました。

当時の支配形態は、モンゴル帝国の皇帝の元に、チンギスの一族が支配する国々=「ウルス(国家)」が連合するというもので、バトゥの建国した「キプチャク・ハン国」、フラグの建国した「イル・ハン国」、チャガタイを祖とする「チャガタイ・ハン国」がありました。そんな中でモンゴル帝国の第5代皇帝となり、「元」を建国したのがフビライです。

チンギス・ハンの家系

 

モンゴル帝国を最盛期に導いたフビライ・ハン

モンゴル帝国第5代皇帝 フビライ・ハン
(在位:1260~1294年)

フビライ・ハンは、チンギス・ハンの四男トゥルイの子として生まれました。つまり、チンギス・ハンの孫にあたります。兄の第4代皇帝モンケに中国方面の領土征服を任されたフビライは、チベットや雲南に遠征するなど南宋征服に備えていましたが、1260年にモンケの急死を知ると、クリルタイ(モンゴルの部族長会議)を強行し、第5代皇帝として即位します。

その後、即位に不満をもつ勢力との争いに勝利したフビライは、1267年に都を大都(現在の北京)に遷し、1271年には国号を中国風の「元」と定めます。中国的な官制を採用し、遊牧国家から中国国家としての性格を強めていった元は、1276年に臨安を占領して、事実上、南宋を滅亡させて中国の統一支配を達成しました。

こうして、ユーラシア大陸史上最大の大帝国を築いたフビライですが、彼は領土を侵略するだけでなく、異民族を積極的に登用するなど、国際感覚に長けた人物でもありました。宮廷では、アフマドサイイドといったムスリム(イスラム教徒)を財務官僚に登用し、専売や商業税の充実、運河の整備など、帝国に経済的な発展をもたらします。他にも、チベットからパスパを招き公用文字としてパスパ文字を作らせたり、ヨーロッパから訪れた商人マルコ・ポーロを厚遇するなど、その治世は国際色豊かなものでした。

2度にわたって日本を攻めた「元寇」

文永の役の鳥飼潟の戦い
(『蒙古襲来絵詞』)

フビライ・ハンを語るうえで忘れてはならないのが「元寇(蒙古襲来)」と呼ばれる日本侵攻です。マルコ・ポーロの『東方見聞録』で日本の豊かさに目をつけたフビライは、6回にわたって服属を求める使者を送りますが、日本が返書をしなかっため、武力侵攻を決断します。当時の日本は元が侵略に手こずっていた南宋に金・銀・材木などを輸出していたため、この武力侵攻は南宋攻略のためでもあったと言われています。

フビライは1274年(文永の役)と1281年(弘安の役)の2度に渡り、北九州に攻めこみました。一般的には、2度とも暴風雨(いわゆる「神風」!)によって元の大軍が大損害を受けたため、日本はかろうじて国を守ることができたと言われています。しかし、近年では撤退の原因は暴風雨ではなかったという説が有力で、鎌倉幕府の執権・北条時宗を中心とした御家人たちの奮戦によって元軍は撤退せざるをえなくなったとされています。

元軍を退けることに成功した幕府でしたが、この戦いによる多大な負担がきっかけとなり、鎌倉幕府は滅亡の道へと進んでいきます。そう考えると、フビライは日本の歴史にも大きな影響を与えた人物と言えるのですね。

その後、フビライは3度目の日本攻撃を計画しますが、1287年にベトナム攻略に失敗したため、日本に攻めこむゆとりがなくなり、3度目の日本攻撃は行われませんでした。そして1294年、孫テムルに政権を譲ったフビライは、79歳でその激動の生涯を終えました。

中国歴史ドラマ「フビライ・ハン」

そんなフビライ・ハンが元を建国するまでの半生を、製作期間3年超、製作費30億円という壮大なスケールで描いたのが中国歴史ドラマ『フビライ・ハン』です。主人公フビライ・ハンを演じるのは、『レッドクリフ』の趙雲役が話題となったフー・ジュン。増量して撮影に臨んだという本作のアクションシーンは迫力満点です。チンギス・ハンの死後、望まずして何度も骨肉の争いに巻き込まれていくフビライは、いかにして元の初代皇帝となったのでしょうか?『岳飛伝』『水滸伝』『三国志』に続く超大型歴史アクションをお見逃しなく!

放送日:2017年5月29日(月)スタート 月-金 午後4:30~ ※リピート:30日(火)スタート 月-金 深夜0:00~ 第1話は無料放送!
番組ページ:http://www.ch-ginga.jp/movie-detail/series.php?series_cd=15261

【ストーリー】
西暦1215年。広大な中国大陸には諸国が乱立、モンゴル・宋・金の三大勢力が覇を競っていた。そんななか、チンギス・ハンが四男トルイらを従え、金へ進攻を開始する。だが、両軍が激戦を繰り広げている最中、トルイの軍営は金軍の奇襲を受けてしまう。出産を間近に控えたトルイの妻・ベキのゲルにも火矢が射かけられ・・・。

関連記事:
【キングダムから三国志まで】3分でわかる中国の歴史
【三国志の後ってどうなったの?】5分でわかる中国の歴史(後編)

画像:「フビライ・ハン」© Beijing Sunshine Sheng Tong Culture and Arts Co. Ltd.

Return Top