歴人マガジン

歴人マガジン

薪の火に浮かぶ世界最古の舞台芸術「薪能」

東京立川市にある立川鎮座諏訪神社。
なんとご鎮座1200年という古い歴史をもつ神社ですが、10月4日(土)に、これまた600年以上の歴史をもつ現存最古の舞台芸術「能」と「狂言」をこの諏訪神社の神楽殿で上演するそうです。

江戸時代までは「猿楽」と呼ばれた能の題目は「橋弁慶」、笑いの芸術である狂言は「酢薑(すはじかみ)」
初心者でも分かりやすい演目だそうです。600年の伝統をもつ「能」「狂言」を1200年の歴史をもつ神社観る・・なんとも厳かでありながらも興味深いイベントになりそう。18時開場・19時開演。S席6,000円 A席5,000円 B席3,000円。
インターネット・携帯で申込できるほか、イープラスでもチケット販売中だそうです。
諏訪神社 薪能」イープラス

また同日はこの諏訪神社がある諏訪通りで、児童が和紙に絵入れした灯籠を諏訪通り商店街と諏訪神社の参道を児童が絵入れをした灯籠で飾る「灯籠ナイト」も開催。
この日には太古の昔を思いながら立川散策などいかが?

(副編集長Y)

すわ2

参照元
『灯籠ナイト』10月4日 立川市諏訪通り商店街から諏訪神社参道で開催。神楽殿で『薪能』も同日開催」PR Times
諏訪神社」ウェブサイト

「ほお〜」と思ったら「あっぱれ!」を押してね!

Return Top