歴人マガジン

歴人マガジン

江戸時代の幕府献上品「高砂染」

献上品って、どんなものがあったのだろうか・・ふと、思いがよぎり調べてみました編集長。

ヒットしたのはこちらの『高砂染』

幕府に献上していたものといえば、どんな素晴らしいものか期待が高まります!

 

高砂染とは、どんな染物か?

兵庫県高砂市にある相生の松をイメージした柄を黒または藍色にて影絵のように染め出しているもの。

takasagozome2_DSC_0027

姫路市書写の里 美術工芸館蔵品 (上)

 

この相生の松というのは、一つの根元から二本の幹が寄り添って生えた松のことで、夫婦が深く結ばれ、ともに長生きすることの象徴で、特に高砂が有名となり、能や謡曲でよく知られ、工芸品にも用いられているそうです。

松

 

また、そのまま絵柄として取り入れるのではない。松の枝が網目のように張りめぐらされた図柄にしたり、松葉を一面に敷きつめた柄にしているのだとか。

takasagozome3_DSC_0033

姫路市書写の里 美術工芸館蔵品 (上)

 

takasagozome4_DSC_0029

姫路市書写の里 美術工芸館蔵品 (上)

 

また、染め方も独特!

こんな文献が残っている。

 

高 砂染 播ノ姫路等ニテ製之、縮緬及紬、絹、木綿モ有之、二重形染ニテ色無定、濃淡二染、或ハ、別色ノ濃淡モアリ、松二因アル形、 或ハ尾上鐘ノ紋ヲ種々に 摸染ス、蓋二重形ノ中二、松葉等種々小點ヲ列ネ描キ、二重トモニ形二除之、故ニ濃淡二色ト、小點ノ模様、白ニテ三色トナル。

(喜多川守貞が幕末に著した『守貞漫稿』巻之十九(1))

 

型紙を二枚用いて糊防染し藍や鼠、薄紅などに染める。防染糊を落とさずに、そのまま二枚目の型紙を置いて、主に松枝の模様を糊置きし、黒色に引き染めする。この落とさない部分が特徴!

 

takasagozome5_kimono

 

18世紀半ばに姫路藩の進物に用いられた高級品で、藩の保護の下、江戸、大坂等への輸出も行われ、姫路藩の国産品として名声を高めたのだとか。

さすが献上品!

 

ただ、明治になって藩の保護を離れ、民間向けに木綿を中心とした製品となり、型も二枚型を省略して一枚型が現れ、大正時代、型紙のコストの削減を図るため絞りへと転換し、絞りの全盛期を迎えた。

その後、高砂染は昭和初期に実質的に消滅してしまったと。。

 

うぅ~手間のかかるステキな一品は民間向けにコスト削減をするために消えてしまったのですね、残念。

良品を今一度、この時代に復活させて欲しいですよね。

 

さて、この高砂染で、あなたは何をつくりますか!?

 

参考:高砂物産協会(高砂染)

 

↓あっぱれ~

Return Top