歴人マガジン

歴人マガジン

えっ?お寺でイタリアン精進一汁三菜を食す!?

来る10月10日(金)、東京都豊島区の金剛院で精進料理を堪能しませんか!?

 

旬の恵みを余すことなく丁寧にいただく。
それが、精進料理の基本なのです。

 

154ca7c653664fc70ac5d4d158b714ee-525x361

 

実りの秋、素材の味をしっかり感じながら、ゆっくりとお食事しましょう。

 

今回はイタリアン精進一汁三菜!

お食事をしながら、仏教食事作法も学べるとの事。

 

PB172340-525x393

お料理を担当して下さるのは、
飯沼 康祐(いいぬま こうゆう)
天台宗 福昌寺 副住職

 

19歳の夏に比叡山延暦寺にて出家得度。
大正大学卒業後、料理修業をし調理師免許取得。
現在、お寺を中心に各地で精進料理会を開催。
「気軽にお洒落に仏教にふれる」をテーマに行われたイタリアン精進料理「精進Cafe」主催。
2012年より静岡島田大善寺で半世紀ぶりに復興された「閻魔様の縁日」の実行委員会調理部主任に就任し、地域活性の一助を担う方。

 

PB172319-525x393

 

現職のご住職がお料理?それをお寺でいただく?

これは「まちのお寺の学校」プロジェクトのイベントなのです。

 

「まちのお寺の学校」は、お寺を舞台に、学びたい人と教えたい人が集い合う、まちのみんなの学校です。

お寺をもっと気軽で楽しく温かい居場所にすることで、“まち”や“ひと”を元気にできると考え、賛同する市民とお寺が協働して始まったプロジェクト。

 

ココロとカラダを調えたり、知らなかった視点や発想と出会ったり、ご近所さんと顔見知りになったり。お寺がそんな素敵な場所になるかもしれませんね。

是非、参加してみてはいかがでしょうか。

 

詳細はこちら:精進旬膳

 

参考:まちのお寺の学校ナビ

Return Top