歴人マガジン

歴人マガジン

【問題】鳥居はなぜ赤いのか!?

【問題】鳥居はなぜ赤いのか!?

 

この質問、答えられますか?

あれ?そもそも鳥居って赤でしたっけ?
あ、この前行った根津神社さんにも赤い鳥居が並んだ場所がありました。

美しいなぁと記憶には残りますね。

 

さて、赤色(朱色)にはどんな意味があるのか。少し調べてみると。

 

【伏見稲荷大社】
朱色は、魔力に対抗する色ともされていて、古代の宮殿や神社仏閣に多く用いられ、稲荷大神様のお力の豊穣を表す色であると言われています。
また朱の原材料は水銀=丹です。これは昔から木材の防腐剤として使われてきました。

 

【『神道いろは』(神社新報社)】
朱色は生命の躍動を現すとともに、古来災厄を防ぐ色としても重視されてきました。このため古くは御殿や神社の社殿などに多く用いられており、稲荷神社の鳥居の朱色もこの影響によるものと考えられます。

 

a1310_000014-300x199

写真は伏見稲荷大社(京都府)。

つまり、、正解は

1.朱色が魔力・災厄を防ぐ色と考えられている為
2.神様のお力を高める役割りがある為

 

なるほど。
赤色(朱色)には、そんな意味合いがあるのですね。

でも!鳥居には赤以外の色もありますよね。

 

白!
と言っても、真っ白なものは見かけないと思いますが、木材を使用した鳥居で、正確にいうなれば「木色」

kiji84554000JPEG-300x264

写真は、伊勢神宮。

 

更に、今、最も話題の出雲大社の鳥居もこの色ですね。

H0000182389-300x225

 

 

木以外のコンクリートや石で作られた鳥居も白色のものが多いです。

P1080043-300x225

写真は大野湊神社。

 

他には、黒!

え、見かけた事ありますか?

野宮神社(京都府)の「黒木鳥居」という鳥居があるんです。
見たとおり木の皮をはがずに使用した鳥居で、日本で最も古い鳥居の形態であると言われているそうです。

177511253_624.v1377137482-300x198

 

鳥居も意外と色々な色があるのですね。

でも、緑だとか青とかは見かけた事はないかも?

 

参考:大野湊神社社務日誌(ブログ)『鳥居はなぜ赤い?』

Return Top