歴人マガジン

歴人マガジン

【パンクでお茶目な天才】歌川国芳にヤラレタ

ヤラレました。
江戸時代末期を代表する浮世絵師 歌川国芳に。

日本橋生まれのバリバリの江戸っ子であるこの人、とにかくパンクでダイナミック。
「歌川」姓を名乗る多くの画家達は「歌川派」と呼ばれ、江戸時代の風景版画で有名な歌川広重はじめ、多くの人の人気を集めていたようですが、国芳が書いていた役者絵や美人絵が水野忠邦の「天保の改革」のときには幕令で禁止されたり、苦労も多かったようです。

が、それに負けじと武者浮世絵で思い切り当時の幕府を皮肉った作品なども出しているあたり、生粋の江戸っ子気質丸出しの国芳、カッコいいです。

カバー画像は平将門の遺児の妖術と戦う源氏武士の作品『相馬の古内裏』。 そのほかにも相撲を取る武将を描いた『赤澤山大相撲』や、『禽獣図会 大鵬 海老』も最高。

Kuniyoshi_Utagawa,_wrestling

 

Kuniyoshi_Utagawa,_Lobster のコピー

しかしなんといっても最高なのは無類の「ネコ好き」というところ。
常に十数匹のネコを飼っていたと言われるほどですから、よっぽど好きだったんでしょうねえ。いつのまにか大のネコ好きになってしまった私としては、これは最高にポイント高かった!!

これは『其のまま地口 猫飼好五十三疋』。東海道五十三次の宿場町をネコの仕草で描いたもの。
「品川」を「白顔(しろがお)」とオヤジギャグ的なデフォルメするあたりも、どこまでもお茶目
な人です。


Cats_suggested_as_the_fifty-three_stations_of_the_Tokaido

これ以外にも紹介しきれないほどの素晴らしい作品が限りなくありますので、お好きな方はぜひ国芳でいろいろ探してみてくださいね。
あ、特にネコ好きは下記「子猫のへや」さんで一気見してください!
(副編集長Y)

参照元
歌川国芳」wikipedia
子猫のへや

Return Top