歴人マガジン

歴人マガジン

【11/3 箱根の山は天下の嶮】箱根大名行列がスゴイ件

山田耕作の歌にも歌われるように、江戸時代には険しい山麓に関所があった箱根。

入り鉄砲に出女」の言葉のとおり、江戸幕府を攻撃する武器が関東に入らないように、また江戸に人質になっている大名の奥方などが脱出を試みないように厳しい見張りがされていた場所ですね。

この箱根町で、なんと昭和10年から続いている伝統行事で箱根三大祭に数えられる「箱根大名行列」が11月3日(月・祝)に開催されます。

主催である箱根観光協会のサイトに
「江戸幕府が、幕府体制維持のために、各大名に命じた参勤交代は、1635年の武家諸法度によって制度化された。大名の妻や子を江戸に居住させ、大名は、1年おきに、江戸と国許を往復しました。その大名行列の員数・規模は、各大名の領地高によって決められ、箱根大名行列は、小田原藩11万3千石の格式にならっています。」と書かれている行列は総勢170名。
しかし調べてみると、102万石の加賀前田藩では最盛期に4,000人もの人が動員されたとか。車のないなか、宿場町などの手配なども非常に大変だったことでしょう。。
p005s

p001s

p009s

p09s

p12s

p011s

行列は9:45に湯本小学校から出発、終点の富士屋ホテルに14:30という延々5時間近くに渡って練り歩きます。

箱根大名行列では、この前後に小学生や市民のマーチングバンドや在日米陸軍軍楽隊、箱根湯本温泉芸能組合の華やかな「ヨッシャ踊り」や「小田原北条鉄砲衆」の火縄銃演武など、一体何人が出演するのかと思うほどの盛りだくさんな内容。

紅葉も最高に見ごろのようですので、ぜひお出かけされてはいかがでしょうか? 詳細は下記箱根観光協会のページからどうぞ!
(副編集長Y)

箱根大名行列」箱根観光協会
大名行列」wikipedia

 

Return Top