歴人マガジン

歴人マガジン

【あの艦(ふね)が再び】「戦艦大和」という存在

●「宇宙戦艦ヤマト2199」公開記念キャンペーンについて

テレビでの初回放送は1974年10月。
艦(ふね)の名は「宇宙戦艦ヤマト」。松本零士原作のSFシリーズアニメとして、また日本のアニメを代表する作品として、現在の40代〜では知らない人のほうが少ないのではないでしょうか。

今回、テレビ放送開始40年を記念し製作された「宇宙戦艦ヤマト2199」。
TVシリーズ全26話をまとめた総集編『追憶の航海』が現在絶賛公開中ですが、
さらに完全新作劇場映画『星巡る方舟』を12月に公開予定。
この『星巡る方舟』の劇場鑑賞券を抽選でプレゼントするキャンペーンが開催中です!

プレミアムバンダイへの無料会員登録またはメールマガジン「大人のこだわり通信」を無料購読していただいた方にご応募いただけるそうです。すでにご登録いただいている方もご応募可能とのこと。詳細はこちらまで!
http://p-bandai.jp/contents/yamato2199/?rt=pr

●「戦艦大和」について

ところで、多くの人がご存知のとおり「宇宙戦艦ヤマト」は太平洋戦争末期、日本海軍がその威信をかけて造りあげた史上最大の戦艦「大和」がモチーフ。
今回の「2199」は、この戦艦大和の残骸に偽装して新造されたという設定だそうですが、全長263メートル、全幅38・9メートル、総乗務員数は最終時で3,332名という巨大戦艦。

300px-Yamato_Trial_1941

現在横須賀を母港とするアメリカ軍の空母ジョージ・ワシントンが全長333メートルというのを想像しても、戦艦でこれだけの大きさの船を70年前に造っていたというのだから驚きです。

第二次世界大戦や太平洋戦争の海上での戦いが、飛行機の開発技術の発達によってそれまでの大艦巨砲主義に取って代わられたことで、最後は無謀ともいえる沖縄への片道までしかない燃料での海上特攻攻撃を行い、猛攻撃を受けた末大爆発し沈没。

戦死者実に2,740名、生存者はたったの269名だったそうです。
これによって日本海軍の誇る連合艦隊は事実上壊滅、敗戦が日本のものとなった決定的な事件でした。
この「大和沈没」については、映画「男たちのYAMATO」でも描かれていましたね。見ていて胸が痛かった。。


一部のブラウザにてyoutubeが表示されない方はこちらより、ご確認下さいませ>https://www.youtube.com/watch?v=suHi-nDB3Hk

その名前自体が日本人として特別の感情を抱かせるこの艦(ふね)を、「宇宙戦艦ヤマト2199」の公開をきっかけにもう一度思い出してみました。12月劇場公開が楽しみです。
(副編集長Y)

参照元
「宇宙戦艦ヤマト」40周年記念映画の 劇場鑑賞券が当たるキャンペーン開始 @Press News
戦艦大和」wikipedia

 

 

Return Top