歴人マガジン

歴人マガジン

【今日は何の日】あの自由の女神さまが贈呈された日☆128歳!

現在はアメリカの自由のシンボルとなっている「自由の女神」。

 

この像は、1876年のアメリカ独立100周年記念を祝うため、フランス人彫刻家バルトルディ(F. A. Bartholdi)が制作し、1886年にフランスからアメリカへ寄贈されたものであるというのは皆さまご存知ですかね。

 

また、自由の女神の内部構造を担当したのは、1889年第4回パリ万博の主要建築であるエッフェル塔の建設で有名な、エッフェル(A. G. Eiffel)であった!

 

これは意外!あのエッフェル塔と自由の女神の建築者はどちらもエッフェル塔さん!

 

実は、自由の女神さん、製作途中に2回ほど「展示品」として万博に出展されていたことはご存知ですか??

 

フランス側が彫像、アメリカ側が台座を造る予定であったが双方とも資金不足であり、資金集めの一環として出展されることになったそうです。

1876年のフィラデルフィア万博では、自由の女神の腕と手と松明部分が展示され、入場料を払うと松明の炎の下に設けられた展望台に登ることができました。また、1878年のパリ万博では、シャン・ド・マルスに自由の女神の頭部が建設され、人気を博したようです。

 

137r

 

こうして資金集めに成功した自由の女神像は1884年にフランスで完成し、1885年には350のパーツに分けられアメリカへ船で運搬されました。そして翌年4月末に台座が完成すると、4ヶ月かけて台座の上に組み立てられました。アメリカ独立100周年に寄贈することは間に合いませんでしたが、当初の予定の10年後1886年10月28日に、ニューヨークのリバティ島で女神像の除幕式が行われたのであります。

 

本日、10月28日は女神像の除幕式が行われたた日、128周年です☆
参考文献:
久島伸昭 『「万博」発明発見50の物語』 講談社 2004 <D7-H45>
橋爪紳也監修 『万国びっくり博覧会 : 万博を100倍楽しむ本』 大和書房 2005 <D7-H48>
L’Exposition universelle de 1878 (C. Levy, 1879) <YP51-A227>

 

出典元:「国立国会図書館ウェブサイト

 

 

Return Top