歴人マガジン

歴人マガジン

News 【2014.11.5~6】171年ぶり!一生に一度の名月現る!その名も【ミラクルムーン】

みなさん、テレビやWEBニュースなどでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、11月5日(水)は171年ぶりにミラクルムーンが出現します!

 

最近は日に日に夜が長くなり、秋だなぁなんて感じ始めましたよね。

読書をしていて、ふと窓の外を見ると月がキレイだななんて思ったり。

 

十五夜:旧暦8月15日で今年は9月8日。中秋の名月

十三夜:旧暦9月13日で今年は10月6日

 

だいたい、この2つの日を中心に月の話題が盛んに登場しますが、今年は名月が3度もある特別な年なのです!

昔から、十五夜と十三夜は合わせて見ないと演技が悪いだなんて話もあるようですが、今年は後(のち)の十三夜というのが登場するので、一方のお月見しか見られていなく縁起の悪い片月見(かたつきみ)だった方は挽回のチャンス!?

 

なぜ、今年は3度も名月が出現するかというと、旧暦は月の満ち欠けを基準にひと月は29日若しくは30日で構成されているので、1年は約354日。現在の太陽暦が約365日となると、ずれが生じてしまいます。そこで約3年に1度閏月(うるうづき)を挿入します。それが今年であり、9月の後ろに閏月が挿入されるので、暦の上では、9月13日(本9月と閏9月)が2回となり、十三夜も2回出現するのです。

この偶然は1843年ぶり、実に171年ぶりときたら、もう一生に一度のもの!

(1843年イギリス・清国の間で南京条約※の追加条約締結。 ※1842年にアヘン戦争を終結させるために結ばれた講和条約。)

 

ちなみに、

月の出:11月5日15時40分

月の入:11月6日3時53分

 

是非、大事な方と一緒にお月見を☆

 

参照元:wikipedia(南京条約)

 

Return Top