歴人マガジン

歴人マガジン

【どこまでも最強なイケメン】趙雲子龍がカッコよすぎる件。

紀元後25〜220年の中国を統治していた後漢が乱れ、国中が戦乱の世に。
そんななか中国を三分割し覇を争った英雄たちを描いた一大歴史絵巻「三国志」。
横山光輝先生の漫画や吉川英治先生の小説、はたまた映画「レッドクリフ」やゲームからその世界にハマった人も多く、日本では間違いなく一番有名な中国の歴史物語といっても過言ではないですね。

この三国志には、曹操、劉備、孫権という3人の英雄に加え、とにかくたくさんの武将たちが登場しますが、その中でも別格に強く、そして義にあついイケメンといった無敵なキャラクターで絶大なファンの多いのが趙雲子龍(ちょううんしりゅう)。

ZhaoYun

三国志はこれまでいろいろな人が映像や著作にしていますが、どの人が描いてもこの趙雲はかなりオイシイ役どころ。
実際にそれだけ強かったのでしょうね。その強さにあやかったプロレスラーもいるほどです。

この趙雲は白龍という名の白馬に乗っていたと描かれており、それもまたカッコいい。
ただそれだけ強いのに劉備の配下の一将軍として戦いに明け暮れ、その一生を燃え尽きます。

カバー写真は総制作費25億円、製作期間実に6年をかけてつくられたドラマ「三国志 Three Kingdoms」の趙雲。
全部で95話にもおよぶこの三国志、12月21日にCSチャンネル銀河で放送です。ファンの人は95回を7巡した猛者もいるとかw

それだけファンの多い中でも私は個人的にこの趙雲、「三国志ベスト3武将」に入れております。
人によってそれぞれ好きなキャラクターがいて、そこを話題に楽しめるのもこの物語の魅力なのかもしれませんね。
おそらく歴人マガジンを読んでいただいている方の中にもたくさんの三国志ファンの方いらっしゃるかと思いますが、みなさんはいかがでしょうか??

参照元
チャンネル銀河」オフィシャルサイト

(C)中国伝媒大学電視制作中心、北京東方恒和影視文化有限公司

Return Top