歴人マガジン

歴人マガジン

【 石田三成の故郷 長浜】若き甲冑職人の古さと新しさへの挑戦

以前、手づくりのフルオーダー甲冑のあまりのクオリティの高さに驚いた滋賀は長浜の「時代物工房 一助朋月」さん。

最初に見た時にはその甲冑の美しさに驚きましたが、こちらのブログの中で、またまた取り上げずにはいられない美しい新作兜を発見したので、歴人マガジンのみなさんにもぜひ見てもらいたいとご紹介いたします。

それがこの「毛引威笠シコロ筋兜(けびきおどし かさしころ すじかぶと)」です!!どうでしょうかみなさまこの美しさは!
うっとりするようなフォルムと赤の装飾で一発で気に入ってしまいました。

さて、ここでお伝えしたいのはこの兜の呼称。一体なんて読むんだよ!っていう方もいるかと思いますので、簡単な豆知識を。
甲冑とは、兜も胴の部分も、鉄板を板状にしたものを繋いでできています。

まず「毛引威(けびきおどし)」ですが、これは甲冑を作るパーツである札板を、通常は糸で縦に繋いでいくパターンが多いなか、横に連続して繋いだものを「毛引威」と呼びます。
この「威」にはまた種類がありますが、鎌倉から室町までの甲冑では赤い糸で繋ぐ「赤糸威」が多く見られるとのこと。

O

次に「笠シコロ」ですが、シコロとは、後頭部から首回りを守る部分を差し、さらに顔の前に出ているところは「吹返」と呼ばれます。
吹き返しはよく五月人形にあるような大きなものから、腕の動きを妨げないようにどんどん小さくなっていきます。
また「シコロ」にもいろいろなタイプがあるんですが、「笠シコロ」は、南北朝以降に見られる、笠のように大きく開いたシコロを指します。

最後に「筋兜」ですが、これも兜のタイプによるもので、細長い鉄板を繋いで作り上げたタイプのものを指すそうです。
確かに見ると縦に鉄板を繋いでいる線が見えますね。

O

O

武士が出現した鎌倉時代から、江戸が終わるまでには莫大な数の甲冑があるわけですが、そのデザインや作り方も時代や機能によって変遷してきているわけですね。
このあたりも学べば学ぶほど奥の深い話ですので、興味のある方はぜひ勉強していただければ幸いです!

ちなみに一助朋月さんの作品は、FRP製で軽く、兜の中にかぶる帽子のようなもの(浮張り)も洗えるそうですから、汗の匂いも心配ないとのこと!
また写真のものは特別なオプションなしのレギュラーセミオーダーで、好みによってさらに細かいアレンジなど加えられるそうです。
ご希望の方はぜひこまかーいこだわりを「女将」のゆえさんにお伝えしてみてください。

うーん、ますます「マイ甲冑」への思いが強くなる今日この頃。
その前に私ももっと甲冑の知識を勉強しなければ!!
(副編集長Y)

参照元
時代物工房 一助朋月」オフィシャルサイト
時代物工房 一助朋月 ~女将の日誌~」ブログ

 

 

Return Top