歴人マガジン

歴人マガジン

News:【くまモン上京】「坊ちゃん」夏目漱石のお墓参りするも結構凶暴なヤツ(笑)

その経済効果なんと1,240億円以上。

熊本県の営業部長であるゆるキャラ「くまモン」が9日(火)に上京、「坊ちゃん」「こころ」などで有名な大作家 夏目漱石のお墓参りやゆかりの地を訪問したというニュースをキャッチしました。

このニュースでまず浮かんだ「なんで熊本のくまモンが夏目漱石を?」という疑問ですが、夏目漱石は熊本で4年3ヶ月暮らし、結婚、父にもなり、教師として暮らしたことがあるご縁があるそう。
そこで熊本県は2年後に夏目漱石が熊本に来て120周年、生誕150周年を記念したプロジェクト「SOHSEKI”2016熊本」を展開しているそうです。

さらに漱石は朝日新聞で「三四郎」を執筆した際、自らが提案した文芸欄の編集も行っていたとのことで、熊本県×朝日新聞というコラボが実現したのですね。

朝日新聞デジタルのページでは、学生服を着たくまモンのお墓参りの動画を見ることができます。

雑司ヶ谷の漱石のお墓を訪問した後訪れたのは、東京 神保町の岩波書店。
岩波書店は漱石の「こころ」を第一冊目として出版したゆかりの深い出版社なのだと初めて知りました。
ちなみに社名も漱石の筆によるものだそうです。同社に残る漱石の昼寝の写真を見せられ驚くくまモンの姿や、宅配のお姉さんを投げ飛ばす姿も笑えます。
しかも朝日新聞社では各所で大暴れ。朝日新聞デジタルのゆるキャラ「デジモ」にパイプ椅子を使ってなんと凶器攻撃も(笑)案外凶暴なヤツだ。

main

しかしくまモン人気、衰えないですねえ。熊本県の友人に聞いたんですが、かなり細かく県民の声を聞いてキャラクターを作っていたそうです。
熊本の「くまモン」や宇治の「おうじちゃま」など、歴史と地域活性という意味永遠のテーマに、光明を与えているのがゆるキャラだと思います。
その意味で「くまモン」の成功はこれからも多くの人の希望となることでしょう。がんばれくまモン!頑張れ各地のゆるキャラたちよ!
(副編集長Y)

参照元
くまモン」オフィシャルサイト
くまモンが夏目漱石の命日に、雑司ヶ谷霊園などゆかりの地を巡りましたPR TIMES
漱石の命日、くまモンが墓参り ゆかりの出版社など訪問」朝日新聞デジタル

 

Return Top