歴人マガジン

【家康、お前もか…】昔の日本は男色だらけ!出世も大奥も男色が元だった

戦国時代の男色と出世 織田信長×前田利家

「長身の美男子だったという前田利家」
「長身の美男子だったという前田利家」

若き日の前田利家が織田信長の小姓として寵愛されていたことをご存知の方は、少なくないと思います。
小姓は主の側で身の回りの世話や事務方をするだけでなく、男色の相手になることもありました。戦場に女性を連れて行くわけにはいきませんので、当然、小姓がそうした相手になるわけです。

しかし、その小姓の中から有能な人材は出世していきました。
利家は武勇を発揮して大名にまでなっていますし、蘭丸も本能寺の変がなかったなら大名になっていたかもしれません。

徳川家康の重臣・井伊直政も、若い頃は家康の男色の相手でした。
直政は美男子だったそうで、家康がなかなか元服を許さずに側に置いていたとか・・・。しかし直政が有能な家臣となったことは、歴史が証明しています。

大奥ができたのは将軍の男色のせい!?徳川家光

「男色の方を好んだ徳川家光」
「男色の方を好んだ徳川家光」

江戸幕府3代将軍・徳川家光には、なかなか世継ぎが生まれませんでした。というのも、彼は男色家だったのです。しかも女性には興味なしという・・・。
そこで乳母である春日局が一計を案じます。とにかく美しい女性を集め、何とか世継ぎをもうけてもらおうとしたのです。家康の頃から大奥は存在していましたが、春日局が整備した大奥こそが、現在私たちの知る大奥の発祥と言われています。
しかも女性に興味のない家光のために、まずは男装させた美女を近づけたそう。おかげで家光は女性にも目覚め、めでたく世継ぎを授かりました。

男色というと、とかく色眼鏡で見られがちになりますが、特に戦国時代には出世のツールにもなっていましたし、忌み嫌われるものではありませんでした。実に長い歴史もあり、昔は今よりも性が寛容に受け入れられた文化だったのですね。

(xiao)

関連記事:
【オットセイ将軍なんて呼ばないで】英雄色を好む?歴史上のエロ偉人伝
【江戸の性事情】花魁から夜鷹まで…江戸時代の気になる性産業
【性交禁忌の日】5月16日にセックスすると3年以内に死ぬってホント!?

Return Top