【外国人の目にはどう見えた?】文献から見る歴史上の日本

6月2日は横浜港・長崎港の開港記念日です。 1858(安政5)年に締結された日米修好通商条約に基づき、横浜と長崎が開港しました。 物流や人的交流が制限されていたもの、日本には昔から多くの外国人が訪れ、様々な文化や技術が海外から流入していました。 日本人は海外から入ってくる知識を貪欲に吸収し自身の文化として昇華してきましたが、海外の人々は日本の事をどう見ていたのでしょうか? 現在に残る文献から、独自の文化を育んでいる極東の島国への評価を見 … 続きを読む 【外国人の目にはどう見えた?】文献から見る歴史上の日本