歴人マガジン

みうらじゅん監修!?おうちに仏像を。

「ライフスタイルに新たな価値をプラスする。」をコンセプトに仏販売など行う【イsム】が、 みうらじゅん×イsム 三佛寺 蔵王権現プロジェクト なるものを行った。

これは、仏像ブームの立役者で、その並々ならぬ仏像への愛情で圧倒的な支持を集めるみうらじゅんさんと、仏像を通じて新しいライフスタイルの提案をするイSム。
この2者が初めてコラボレーションをして新しい仏像をつくる一大プロジェクト!

 

みうらじゅんさんの
大好きな仏像、つくります。

「手元に置けるクオリティの仏像が欲しい!!」

「一切の妥協を許さぬクオリティを追求して来たイSムならば、手元で眺めていたい仏像をつくってくれるのではないか」というみうらさんからの言葉から、このプロジェクトがスタート。


監修の最終チェック。
「こんなリアルなものが出来上がるなんて夢のようですね」

mj_vol04_01

— ようやく最終のサンプルが仕上がってきました。

ご苦労さまです。いよいよ最後の監修ということで、ボクも楽しみにしていました。 おおっ(サンプルを手にして)。ミステリアスな雰囲気がプンプンしますねぇ。
蔵王権現ってさ、お厨子入りって感じじゃないでしょ。やっぱり山におわす、だから。 山全体がお堂のような。実際三佛寺にいくと、そのスケールの大きさ感じますしね。出来れば山のジオラマが欲しいですね(笑)、蔵王権現は。
この背中にあるくぼみは、もともと像にあった光背を接合していた跡なんでしょうね。ここまで再現していますか…。

 

mj_vol04_02

 

— 彩色について、ご意見はございますか。

本体の彩色は…そうですね。護摩を焚いたあとの感じにしていただければ完璧ですね。そうするともっと像のパワーが出るんじゃないですかね。
蔵王権現はお顔が少し前に出ているから、煤が顔にかかっていたはずなんです。大抵、密教系の仏像は護摩を焚くから顔が黒いんですよね。 だって、祈祷を何回やったかが、その像のパワーの証ですからね。蔵王権現も、立ち上った煤(すす)が当たる部分は黒く、それより後ろに下がった部分は像の色が残っているんです。
煤がかかっている顔のあたりがもう少し黒い方が、煤の当たらない頭部の怒髪が目立って格好イイんじゃないですか。
顔は金色を抑えた方がいいです。最後にぜひ、煤パワーを入れてやってくださいよ(笑)。

 

mj_vol04_04

 

— 今回プロジェクトとして監修をいただきましたが、最後にひとことメッセージをお願いします。

20年前かな、東京駅の近くにあった雑貨屋さんで蔵王権現のフィギュアを見たけど、それ以来なんですよ。 蔵王権現の立体を目にするのは。それにボクが関わるというのも奇縁だけど、仏像ブームとはいえ、蔵王権現ってまだ知られていないんじゃないですかね、一般には。 でも、日本オリジナル、というところもグッときますし、このプロジェクトをきっかけに、日本の独自の文化の魅力の再発見につながると嬉しいですね。 しかし、夢のようなことですね。こんなリアルなものを作っていただけるなんてね。

 

mj_vol04_05

 

— ありがとうございました。(以上)

 

プロジェクト概要・購入はこちらから>>イsム

 

Return Top