歴人マガジン

歴人マガジン

【 2018年大河ドラマ主役・西郷(せご)どん! 】人々を魅了する薩摩武士のカリスマ・西郷隆盛

【 2018年大河ドラマ主役・西郷(せご)どん! 】人々を魅了する薩摩武士のカリスマ・西郷隆盛

「西郷どん」と慕われ、明治維新の功労者である西郷隆盛が、ついに2018年の大河ドラマの主人公に決定しました。演じるのは鈴木亮平さん、原作は林真理子氏、脚本は中園ミホ氏という女性2人が新しい西郷像を描くとのこと。

彼の実直な人柄や悲運の最期は、後世の私たちの心をひきつけて止みません。そんな西郷隆盛という人物について、彼の人生に大きく関わった人物とのエピソードを交えて簡単にご紹介します。大河ドラマではどのように描かれるのか、想像してみてくださいね。

3分でわかる西郷隆盛の生涯

「激動の人生を送った西郷隆盛」

「激動の人生を送った西郷隆盛」

西郷隆盛は文政10(1828)年に薩摩の下級藩士の家に長男として生まれました。
兄弟はみな明治維新に関わっており、三男・従道は政府の重鎮となり、従弟には大山巌がいます。

島津斉彬が藩主となると、上書が認められて西郷は取り立てられるようになり、江戸へ随行し見聞を広めていきました。
しかし斉彬が急死してしまうと西郷も失脚。奄美大島に流されてしまいます。
なんとか復帰したものの、当時実質的な藩主だった久光とは折が合わず、またも沖永良部島に流罪に・・・。

周囲の声により再び復帰してからは、薩長同盟の成立、戊辰戦争王政復古江戸無血開城など明治維新の実現に奔走します。
明治政府成立後はいったん下野しますが復帰、陸軍大将となりました。
が、征韓論(遣韓論)を巡り政府内で対立、再び下野し鹿児島へ戻ります。そこで政府の政策に不満を持つ士族たちが起こした西南戦争の指導者となるのですが、敗戦し自刃したのでした。

西郷の人生を変えた2人の君主:島津斉彬と島津久光

西郷の人生の最初のターニングポイントは、自分を取り立ててくれた島津斉彬との出会いでした。
斉彬は薩摩藩の富国強兵政策を推進した名君だったのです。

「名君の誉れ高く、西郷が最も尊敬した島津斉彬」

「名君の誉れ高く、西郷が最も尊敬した島津斉彬」

ところが斉彬の急死後、実質的な君主となった島津久光は非常に保守的でした。
斉彬の近代工業は閉塞。こうした点や性格面で、西郷とは合いませんでした。そのため西郷は沖永良部島に流刑となり、厳しい時期を過ごすことになったのです。

「どうにも西郷とは合わなかった島津久光」

「どうにも西郷とは合わなかった島津久光」

幕臣・勝海舟との面会

「西郷と共に江戸無血開城の立役者となった勝海舟」

「西郷と共に江戸無血開城の立役者となった勝海舟」

元治元(1864)年の第一次長州征伐の際、大坂に赴いた西郷は、同じく大坂にいた勝海舟と面会しています。
ふたりはフランクに現状を語り合い、西郷はいたく刺激を受けました。
この出会いがプラスに働いたのか、後の江戸無血開城の時に西郷と勝は会談を持ち、滞りなくこの大事を成し遂げたのです。

坂本龍馬の言葉に動かされ、世紀の同盟・薩長同盟を成立させる

「薩長同盟成立のため西郷を説得した坂本龍馬」

「薩長同盟成立のため西郷を説得した坂本龍馬」

坂本龍馬は薩長同盟の必要性を西郷らに説いていました。両藩の話し合いは実現しますが、なかなかそれ以上の発展をみません。

考えてみればほぼメンツの問題だったのですが、龍馬は、メンツを捨てて同盟を申し込んで欲しいこと、これが今後の日本の未来のためなのだと西郷を説得します。
龍馬の熱意に打たれた西郷は、同盟を申し込むことを決めました。慶応2(1866)年のことです。
これによって、薩摩藩は長州藩を支援する方向に回り、幕府と距離を置くようになるのです。

西郷の人柄を愛した明治天皇

「西郷を高く買っていた明治天皇」

「西郷を高く買っていた明治天皇」

明治天皇は西郷を気に入っており、彼の死の報せに「西郷を殺せとは言わなかった・・・」と悲しんだそうです。
西南戦争で賊軍の将とされた西郷の名誉回復にも努め、明治22(1889)年の大日本帝国憲法発布の際の大赦では、彼を赦免しています。

共に学んだ同志、しかし対立へと向かった大久保利通

「親友・同志でありながら立場を違えた大久保利通」

「親友・同志でありながら立場を違えた大久保利通」

大久保利通は西郷と同郷で、親友とも呼べる存在でした。
しかし征韓論(遣韓論)を巡って西郷と対立し、結果的に西郷を追い出すような形になってしまいます。西郷の下野は大久保のせいだと言われてしまい、ちょっと可哀想でもあります。
そんな大久保ですが、西郷の死を知った時は号泣し、家の鴨居に頭をぶつけながらぐるぐると歩き回っていたそうですよ。

政治的な立場での対立や敵味方はあっても、西郷個人に対し悪く言う人物は見受けられないように思います。
これこそ西郷の一番の魅力なんでしょうね。

西郷像といえば、上野にあるこの像。

有名な上野にある薩摩犬・ツンとの像。西郷が愛犬家なのも好感度大

ドラマではどのような西郷像が描かれるのか、また西郷を取り巻く他の人物たちを誰が演じるのかも気になるところ。
2018年放送ということで少し先にはなってしまいますが、楽しみに続報を待ちましょう!

(xiao)

関連記事
【西郷どんが目指した日本とは?】大河ドラマ時代考証の大石学先生がみた西郷隆盛像
【2017年大河キャスト続報】期待大!主役の井伊直虎をとりまく個性派俳優たち
【エッ!毛利元就の直筆?】知る人ぞ知る大河ドラマのトリビア

Return Top