歴人マガジン

【清の全盛期に君臨した男】乾隆帝とは、どんな皇帝だったのか?

乾隆帝と瓔珞(「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」より)

 

チャンネル銀河で2019年12月3日(火)から放送をスタートする、中国歴史ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」。そして2019年11月よりDVDリリースを開始した「如懿伝(にょいでん)〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」。清朝の同時代を描いたこの2作品をより楽しんでいただけるよう、その主要人物である乾隆帝(けんりゅうてい)および、清という国や周辺情報などをまとめてみた。

女真族出身のヌルハチが1616年に満州で建国し、1644年から1912年まで中国大陸とモンゴルを支配した征服王朝・清(しん)。その期間は268年間で、時期や長さだけで見れば、日本の江戸時代(1603~1868年=265年)に似ている。

そんな清の最盛期が、第6代・乾隆帝の時代だ。乾隆帝は12代にわたって続いた清の歴史のなかで60年もの長期政権を布き、生没年も1711~1799年と、数えで89歳の長寿にも恵まれた。

「太子密建」で即位した初めての皇帝

25歳で帝位についた乾隆帝(「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」より)

乾隆帝は父で先代の雍正帝(ようせいてい)の四男で、本名を弘暦(こうれき)という。父が没し、25歳で皇位を継承したが、この継承者となった経緯がすこし変わっている。父・雍正帝は生前に後継者を公表せず、ひそかに後継者の名前を書いた勅書をつくっておき、紫禁城内、玉座の上にある扁額の裏側に隠した。そして、それと同文の勅書も用意し、手元に置いておいた。

雍正帝の死後、その2枚を照合して次の皇帝の名が読み上げられた。太子密建(たいしみっけん)という、この皇位継承の方法は雍正帝自身が先代の四男であったこともあり、激しい継承争いを経験したため、その反省から考案したという。

親征して清の領土を最大に広げる

乾隆帝は清朝の最盛期を築いた(「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」より)

そうして帝位についた乾隆帝が、何よりも力を注いだのは、さらなる版図拡大だった。西モンゴルのジュンガル部をはじめ、現在の台湾、ミャンマー、ネパール、ベトナムなどに進出。漢や唐をしのぐ、中国史上空前の大領土を獲得した。

「十全武功」といわれる10回に及んだ遠征にすべて勝利したという意味で、乾隆帝はみずからを「十全老人」と称した。清は漢民族を倒して君臨した征服王朝であるが、そのトップにふさわしい業績といえよう。

巡幸(皇帝の旅行)も、60年の治世の間に南巡6回、西巡5回、東巡4回と積極的に行なった。皇帝が元気な姿を万民に見せるのは、太平を誇示することにもつながった。一方で税の減免をたびたび行うことで民心を得ていった。

こうした安定政権の実現は、祖父・康熙帝(こうきてい)、父・雍正帝の勤勉さと倹約ぶりが下地になっている。明の時代に1日で使われた宮廷費用を、清は1年分にあてた。明の滅亡は奢侈が原因とされていて、その戒めでもあった。このため、清の国力は乾隆帝が帝位につくころには相当に充実していたのだ。

もちろん、その体制を維持、円滑に運用するのも容易ではない。乾隆帝は祖父の代からの遺産を生かしつつ、銀の増産と海外からの大量流入により、経済を潤して軍費を確保したのだ。

政治面以外の業績としては、乾隆帝は数多くの漢詩を作る詩人の素養もあり、中国の伝統的な文学を奨励した。その象徴が「四庫全書」である。これは1773年から10年を費やして、全国から古今の書物を集めて4部(四庫)に分け、書き写して保存したものだ。その数、全3462種、7万9582巻。一方で清の王族を含む異民族を敵視する書物を厳しく検閲し、1万巻以上を禁書として焼いている。

きらびやかな情景が窺える後宮事情

富察氏の死後に皇后となる如懿(「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」より)

家族関係はどうだったか。彼の後宮関係のことにも触れておきたい。彼の正室(皇后)は、富察(フチャ)氏という女性。15歳のころに皇太子時代の乾隆帝(弘暦)の正妻となり、弘暦が乾隆帝として即位すると皇后となった。1748年、乾隆帝の東巡に従うが、徳州にて37歳で病没する。その後、継室となったのが輝発那拉(ホイファナラ)氏という女性で、「如懿伝」の主人公・如懿のモデルとなった人物だ。

彼女たちのほか、側室が15人ほどいた。その側室のひとりが魏佳(ぎか)氏で、後世に孝儀純皇后(こうぎじゅんこうごう)の名で呼ばれる。彼女がドラマの邦題にもなっている瓔珞(えいらく)のモデルで、十五男・顒琰(のちの第7代・嘉慶帝)を産んだことで没後に皇后と贈諡されている。

魏佳は漢人の下級官僚の娘であったため、どのようにして後宮へ入ったのか、どんな性格であったのか、詳しいことはよく分かっていない。正室・富察のもとに侍女として仕えていたころ、その聡明さと美貌で乾隆帝に気に入られたと見られている。彼女は中国でも人気が高く、清時代を扱ったドラマや映画に「魏貴妃」や「令妃」の名前でたびたび登場している。

後の孝儀純皇后となる瓔珞(「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」より)

さて、乾隆帝には「香妃」という女性の伝説がある。カシュガル地域に勢力を有したウイグル族の王、ホジハーンが反乱を起こすが、乾隆帝はこれを討伐した。ホジハーンは処刑され、その未亡人である、香妃が乾隆帝の前に連れてこられた。

見れば絶世の美女。しかも身体からは何ともいえぬ芳香が発せられ、たちまち乾隆帝は心を奪われてしまう。乾隆帝は香妃を後宮へ入れて寵愛を注ごうとしたが、香妃はなかなか心を開こうとしない。それどころか乾隆帝の命を「夫の仇」と、隙あらば狙っていた。

それを察した皇太后(乾隆帝の母)は、乾隆帝の留守中に香妃に自害を迫った。香妃は大人しくそれに従い、自ら命を絶つ。乾隆帝は大いに嘆き、その亡骸をカシュガルに送り届けさせたという。現在、カシュガル(新疆ウイグル自治区)には一族の廟墓があり、香妃のものと伝わる墓もある。別の説では13歳の時、清の乾隆帝に嫁いだが、北京での暮らしになじめず38歳の若さで亡くなったともいう。

ドラマにも彼女をモデルにしたと思われる人物が「瓔珞」では沈璧(ちんへき、順嬪)、「如懿伝」では寒香見(かんこうけん、容貴人)の名で登場する。キャラクターの立ち位置や性格は違うものの、双方とも乾隆帝を大いに惑わす美女として描かれている。

乾隆帝の時代を頂点に、清は滅びの道へ・・・

乾隆60年(1795年)、85歳になった乾隆帝は、十五男の嘉慶帝(かけいてい)に譲位して太上皇となる。しかし実権は手放さず、奸臣のヘシェン(和珅)に政治の全権を委ねていた。よって嘉慶帝はお飾りの皇帝となり、ヘシェンのやりたい放題となってしまう。

このころ、中国の人口が2億から4億に増えたが、農地が広がらず民衆は苦しんだ。そのため、乾隆帝の末期には各地で民衆が匪賊化し、反乱が起きるようになる。乾隆帝の死後、1813年に起きた「天理教徒の乱」では反乱軍に紫禁城への侵攻を許してしまった。陸地ばかりでなく、海では海賊らが暴れまわり、船の略奪も横行していた。

嘉慶帝は討伐軍を出すも、このころの政府直轄軍は堕落していて大苦戦に陥る。結果、漢民族の義勇兵に頼ってようやく鎮めるという事態となった。この清軍の弱体化が、のちに漢民族による反乱「太平天国の乱」などで唱えられた「滅満興漢」(満州族=清を滅ぼし漢族を復興する)という動きにつながっていく。また、フランスやイギリスという西洋列強の脅威もひしひしと迫りつつあった。

絶頂を迎えれば、あとは転がり落ちるのみ。清の全盛期を作り上げた乾隆帝は、あまりに長期政権であったがゆえに、政治の弛緩を招き寄せ、衰亡への筋道を作ってしまったともいえるのである。

それと似たパターンが、冒頭に挙げた江戸幕府だ。第11代将軍・徳川家斉が50年にわたる長期安定政権を布き、なかなか実権を手放さなかった。そのために化政文化という爛熟した町人文化が栄えたが、一方で政治面での緩みが起き、徐々に衰亡への道をたどった。こうした例は古今東西の政権に共通するもののように思えてならない。

文・上永哲矢


「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」
放送日:2019年12月3日(火)放送スタート 月-金 夜11:00~
リピート放送:2019年12月4日(水)放送スタート 月-金 午前9:30~
番組ページ:https://www.ch-ginga.jp/feature/eiraku/
©2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved


「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」
DVD情報:2019年11月2日(土)よりリリース開始
公式サイト:https://kandera.jp/sp/nyoi/
©2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved


 

<関連記事>
【キングダムから三国志まで】いっきに学ぶ中国の歴史
【最後の帝国・清ができるまで】滅びゆく明の弱体化は秀吉のせいだった?
【中国の歴代王朝に巣食った】宦官(かんがん)は、どうして生まれたのか?!

Return Top