歴人マガジン

【大相撲】「日本の国技」果たしてその真相は!?

【大相撲】「日本の国技」果たしてその真相は!?

大相撲 九州場所、盛り上がってますね〜〜!

横綱 白鵬が大関 琴奨菊を下して1敗を死守。
2敗となった横綱 鶴竜、3敗の横綱日馬富士、大関稀勢の里、前頭8枚目栃ノ心と並び、優勝争いは大混戦のまま日曜日の千秋楽へと向かいます。

さて、みなさんご存知のとおり相撲は日本の「国技」だと言われていますよね。
そう言われてみれば、いつぐらいから始まって国技になったんだろう・・と調査を開始してみました。

日本相撲協会のサイトによれば、起源はとても古く、古事記(712年)や日本書紀(720年)の中にある力くらべの神話や、宿禰(すくね)・蹶速(けはや)の天覧勝負の伝説があげられるとのこと。
以降その年の農作物の収穫を占う祭りの儀式として、毎年行われ、後に宮廷の行事となり300年続くことに。
戦国時代は、戦国大名などが積極的に相撲を開催。織田信長などはかなり好きだったようで、勝ち抜いた人間を部下に重用したそうだ。
そして江戸時代に今のような「職業相撲」が定着、歌舞伎と並び人びとの娯楽として人気を博し、今に至るとのこと。

oosumou

ふむふむ、なるほどー。それだけ伝統があるから国技なんだよなあ・・
と思いつつ、次に浮かんだのは「誰が国技って決めたんだ?」という問い。
天皇? 政府? いやいや幕府? 大名? 見る限り載ってない。

そこでまた調べてみた。すると下記の記事に驚愕の事実が!!!
え、相撲って国技じゃないの?「国技」をめぐる日本と世界の不思議な事情」R25

「相撲は国技ではありません」by 日本相撲協会
「えええええ!」

よく読むと、日本相撲協会が明治42年に立てた施設を「国技館」と名付け、それが承認されたため、その頃から自然と呼ばれるようになったとのこと。
さらに大学教授の先生にも確認したら「国技には明確な定義はない。基本的に伝統的な価値観をもったスポーツで、国民がアイデンティティや民族的な価値観を感じられるものが国技として認められていく」との答えが返ってきたとか。

うむう・・・そういうものなのか・・・なんとも曖昧なものなんですね。
でもまあ、みんなが反対しないし、それを認めるか認めないかはその人次第でいいんじゃないかしら。

また、私実際にある相撲部屋の朝稽古に連れて行ってもらったことありますが、あれは本当にスゴイ。
あのぶつかり方でタックルされたら、普通の人はひとたまりもなく吹っ飛びますわ。
そしてなんといってもちゃんこは最高。ちゃんこだけでなく他のおかずも最高。もう言うことなし。
800px-Nabe_Kansai_style

ということで、これからもお相撲は日本の国技として、これからも続いていくことでしょう。
外国人力士も日本人力士も、全力を出して頑張ってください!!! 優勝は誰の手に!!??
(副編集長Y)

参照元
相撲の歴史」日本相撲協会オフィシャルサイト
え、相撲って国技じゃないの?「国技」をめぐる日本と世界の不思議な事情」R25

Return Top