歴人マガジン

歴人マガジン

【 家康、お前もか… 】 昔の日本は男色だらけ!出世も大奥も男色が元だった

【 家康、お前もか… 】 昔の日本は男色だらけ!出世も大奥も男色が元だった

昔の日本は、西洋に比べると随分と性に対して開放的でした。『男色』もそのひとつです。
実は古事記にもそういう記述が登場しているのです。長い歴史において、男色はすでにひとつの文化となっていたのですね。
今回は、そんな男色についての記述が残っている歴史上の人物をご紹介しましょう。

詳細なる男色の記録 藤原頼長

「奔放な恋愛遍歴を書き残した藤原頼長」

「奔放な恋愛遍歴を書き残した藤原頼長」

平安時代末期、“悪左府”と呼ばれた政治家・藤原頼長は、有能な人物ではありましたが苛烈な政治手法のために疎まれ、保元の乱で崇徳上皇側に付き敗死しました。
そんな頼長が宮中や自身の出来事を綴った「台記」には、彼が男色を嗜む様子が実に詳細に記されているのです。
そこに描かれる恋愛模様は、男女のものと何ら変わりなく、まさに華麗なる恋愛遍歴の図と言えるでしょう・・・。

浮世草子の人気作家が描いた男色の世界 井原西鶴

「意欲作で大作です:男色大鑑」

「意欲作で大作です:男色大鑑」

江戸時代、人形浄瑠璃や浮世草子の作家として人気を博した井原西鶴。
「好色一代男」など女色メインのものを書いていましたが、一転して挑んだ意欲作が「男色大鑑」です。
ひたすら男色の素晴らしさを賛美し、その様子が描かれています。(それにしてもすごいタイトルですね)

「台記」と同様、当時の風俗をありのままに描くという姿勢により、文芸的価値があると評価されています。ただの興味本位ではなく、男色が当時の文化として根付いていたことがわかりますね。

男色の開祖とは本当か 空海

「密教と男色を持ち帰ったという空海」

「密教と男色を持ち帰ったという空海」

巷では、空海が男色を日本に持ち込んだと言われていますね。
彼が留学していた唐では男色が流行しており、そこで男色に触れたとも考えられます。
また、僧侶は女性との交接を禁じられていた身なので、側に年若い稚児を置いていたことから、おのずから男色を嗜んだのです。
17世紀頃の書物には空海こそが男色を持ち帰ったと書かれていることが多く、それが今日まで定着してしまったようです。
空海に男色の逸話が多かったことから、そうした説になったのかもしれませんね。

しかし、古事記や万葉集ではすでに男色の記録が見られ、すでに当時の日本にあったと考えても良いかと思います。

戦国時代の男色と出世 織田信長×前田利家

「長身の美男子だったという前田利家」

「長身の美男子だったという前田利家」

若き日の前田利家が織田信長の小姓として寵愛されていたことをご存知の方は、少なくないと思います。
小姓は主の側で身の回りの世話や事務方をするだけでなく、男色の相手になることもありました。戦場に女性を連れて行くわけにはいきませんので、当然、小姓がそうした相手になるわけです。

しかし、その小姓の中から有能な人材は出世していきました。
利家は武勇を発揮して大名にまでなっていますし、蘭丸も本能寺の変がなかったなら大名になっていたかもしれません。

徳川家康の重臣・井伊直政も、若い頃は家康の男色の相手でした。
直政は美男子だったそうで、家康がなかなか元服を許さずに側に置いていたとか・・・。しかし直政が有能な家臣となったことは、歴史が証明しています。

大奥ができたのは将軍の男色のせい!?徳川家光

「男色の方を好んだ徳川家光」

「男色の方を好んだ徳川家光」

江戸幕府3代将軍・徳川家光には、なかなか世継ぎが生まれませんでした。というのも、彼は男色家だったのです。しかも女性には興味なしという・・・。
そこで乳母である春日局が一計を案じます。とにかく美しい女性を集め、何とか世継ぎをもうけてもらおうとしたのです。家康の頃から大奥は存在していましたが、春日局が整備した大奥こそが、現在私たちの知る大奥の発祥と言われています。
しかも女性に興味のない家光のために、まずは男装させた美女を近づけたそう。おかげで家光は女性にも目覚め、めでたく世継ぎを授かりました。

男色というと、とかく色眼鏡で見られがちになりますが、特に戦国時代には出世のツールにもなっていましたし、忌み嫌われるものではありませんでした。実に長い歴史もあり、昔は今よりも性が寛容に受け入れられた文化だったのですね。

(xiao)

関連記事
【オットセイ将軍なんて呼ばないで】英雄色を好む?歴史上のエロ偉人伝
【江戸の性事情】花魁から夜鷹まで…江戸時代の気になる性産業
【性交禁忌の日】5月16日にセックスすると3年以内に死ぬってホント!?

Return Top