歴人マガジン

海軍の海軍による海軍のための【よこすか海軍カレー】

 

みなさんは、海軍カレーの歴史はご存知でしょうか?

海軍カレーとは、海軍軍医の高木兼寛が、当時、大日本帝国海軍軍人の病死の最大の原因となっていた脚気の原因は軍内の栄養が偏った白米中心の食事である!と突き止め、同盟関係にあったイギリス海軍を参考に、糧食の改善を行うことを試みたのが1つのきっかけで生まれたカレーです。

日本人はシチューやパンに馴染めない!そこで、カレー味のシチューに小麦粉でとろみ付け、それをライスにかけ、カレーライスが誕生したそうです!

 

これは、インド風カレーとは一線を画すものであり、小麦粉のねっとりとしたルーに多数の具を加味し、とろみによって船が揺れても食器からルーがこぼれる心配もなく、また、日本米との絶妙なコンビネーションを遂げるよう工夫された、海軍仕様の一品!

 

さてさて、そんな海軍カレーのひとつである「よこすか海軍カレー」。

こちらのお名前はどんなカレーを指すのかな?

 

「よこすか海軍カレー」はなんだか聞いたことがありますよね?

だってこちら、きちんと商標登録されているのです、さすがです(笑)

 

でもあなたのカレーも審査を受ければ使えるかも!?
手続きは簡単!?なので、ご紹介!

 

商標を使用した商品は事業者部会に入会いただき、商品の認定を受ければ問題なし!

しかし、商品認定は、月1回実施する「商品審査会」において基準をクリアが必須!

あれっ、厳しい基準があるのかな、そこが心配(笑)

 

審査を実施するのは、「カレーの話題が溢れる街」と目標を掲げ、横須賀市、横須賀商工会議所、海上自衛隊横須賀地方総監部の3者が中心となりPRやイベントの企画をされているカレーの街よこすか事業者部会さん

 

海軍カレーという言葉があるだけあって、海上自衛隊横須賀地方総監部なんていう所も参加されていますー!びっくりだ(笑)

 

あー、カレーが食べたくなってきたな。

皆さんはインド風とカレーライス、どちらがお好きでしょうか?

 

参照元:カレーの街 よこすかwikipedia(海軍カレー)

Return Top