歴人マガジン

歴人マガジン

【 戦国の名宝が大集結!】 歴史ファン垂涎の「戦国時代展」が11月23日から江戸東京博物館で開催

2016年11月23日(水・祝)~2017年1月29日(日)の期間、江戸東京博物館を皮切りに、京都・米沢を巡回する「戦国時代展」が開催されます。歴人マガジン読者の方々も大好きであろう戦国武将たちに関する展示が盛りだくさんで、戦国ファンは必見です。今回はその見どころや展示物についてご紹介します。
sengoku

超豪華!「戦国時代展」の見どころ

戦国時代は、享徳3(1454)年に鎌倉公方・足利成氏が関東管領・上杉憲忠を暗殺したことから始まった享徳の乱と、応仁元(1467)年に京都を舞台に始まった応仁・文明の乱が幕開けとされています。
そして、天正元(1573)年に織田信長が足利義昭を追放して安土桃山時代が始まり、約100年続いた戦国時代は終わりを迎えました。

戦国と言うと暴力的なイメージを持たれがちですが、地方に文化が波及していった時期でもあるのです。狩野派のような絵師は実力者のために絵を描き、そうした絵画や茶の湯は地方の実力者の元で成熟していきました。

重要文化財 四季花鳥図屏風 右隻 狩野元信画 室町時代・天文 18 年(1549) 兵庫・白鶴美術館蔵 ※1月9日~1月29日展示

重要文化財 四季花鳥図屏風 右隻 狩野元信画
室町時代・天文 18 年(1549)
兵庫・白鶴美術館蔵 ※1月9日~1月29日展示

彼らの元で生まれた芸術作品や、高い美意識の元に産み出された刀剣や甲冑など、当時の文化レベルの高さをうかがわせるものが集結したのが、今回の「戦国時代展」なのです。

必見!信玄と謙信の一騎打ちを描いた「川中島合戦図屏風 米沢本」

武田信玄上杉謙信が死闘を繰り広げた川中島合戦のワンシーンを描いた「川中島合戦図屏風 米沢本」。川の中に注目していただくと、信玄と謙信が一騎打ちしているのがわかります。

川中島合戦図屏風 米沢本 左隻(部分) 米沢市上杉博物館蔵 ※前期(11 月 23 日~12 月 25 日)展示

川中島合戦図屏風 米沢本 左隻(部分)
米沢市上杉博物館蔵 ※前期(11 月 23 日~12 月 25 日)展示

武田方の山本勘助は「啄木鳥戦法」で別働隊が謙信を妻女山から追い出し、武田本隊に迎え撃たせることを考え出しました。しかしこれは謙信に見破られてしまい、勘助だけでなく信玄の弟・信繁なども戦死してしまいました。
結局、明確な勝敗はつかない戦でしたが、前半は上杉の勝ち、後半は武田の勝ちとも言われていますね。

信玄・謙信の一騎打ちについては、本陣にいた信玄に謙信が突撃し切りつけたという説や、川の中で行ったという説など諸説あります。
【越後の龍VS甲斐の虎】戦国史上最大の激戦!第四次川中島の戦い

東京会場で期間限定展示!名将たちの手を渡り歩いた名刀「義元左文字」

重要文化財 刀 義元左文字 無銘 永禄 3 年(1560) 京都・建勲神社蔵  ※前期(11 月 23 日~12 月 18 日)展示

重要文化財 刀 義元左文字 無銘
永禄 3 年(1560) 京都・建勲神社蔵
※前期(11月23日~12月18日)展示

三好政長、武田信虎、今川義元と持ち主が変わった義元左文字は、桶狭間の戦いの後は織田信長の愛用となり、本能寺の変まで所有されました。
sgjd_065-1_odaowari
裏には「織田尾張守信長」と金象嵌で切付銘が刻まれています。

彼の死後は、豊臣秀吉・秀頼、そして徳川家康へと渡ります。家康は大坂の陣でこれを身に着け、以後徳川将軍家の宝となり現在に伝わっています。
義元左文字の展示は東京展だけ、しかも前期のみの期間限定だそうなので、この機会をお見逃しなく!

刀剣ファンが乱舞する!?鬼切&五虎退も後期に展示

重要文化財 太刀 銘 安綱 (鬼切) 平安時代後期 京都・北野天満宮蔵  ※後期(1 月 2 日~1 月 29 日)展示

重要文化財 太刀 銘 安綱 号 鬼切
平安時代後期 京都・北野天満宮蔵
※後期(1月2日~1月29日)展示

最上家旧蔵のこの「鬼切」については様々な伝説があります。
京都の鬼・酒呑童子を退治したとも言われていますが、この「鬼切」は、平安時代の英雄・源頼光の部下で豪傑の渡辺綱が鬼の腕を切り落としたものという説もあります。

京の橋の上で美女に「送ってほしい」と声をかけられた綱は、とりあえず彼女を馬に乗せます。ところが女は鬼に豹変し、綱の髪を掴んで拉致しようとしました。そこで綱は刀を抜き、鬼の腕を切り落として難を逃れたそうです。この鬼が、酒呑童子の部下だったと言われています。

短刀 銘 吉光 号 五虎退 個人蔵 ※後期(1月2日~1月29日)

短刀 銘 吉光 号 五虎退
個人蔵 ※後期(1月2日~1月29日)展示

正親町天皇から上杉謙信が拝領した短刀・五虎退も展示されます。
足利義満の時代、明に派遣された役人の同朋が中国で5匹の虎に襲われましたが、この短刀で追い払ったそうです。そのため、「五虎退」の異名が付けられました。

いずれも「刀剣乱舞」効果もあり人気沸騰中の日本刀です。

坂東太郎こと佐竹義重の「黒塗紺糸縅具足」

秋田市指定有形文化財 黒塗紺糸威具足 天文 5 年(1536) 秋田市佐竹史料館蔵 ※後期(1 月 2 日~1 月 29 日)展示

秋田市指定有形文化財 黒塗紺糸縅具足
天文 5 年(1536) 秋田市佐竹史料館蔵
※後期(1月2日~1月29日)展示

常陸国の戦国武将で、智勇にすぐれ「坂東太郎」「鬼義重」の異名で呼ばれた佐竹義重の甲冑はとても個性的です。
兜の前立てのふわふわとした部分は、毛虫を模しているんです。毛虫は前進のみで後退せず、葉を食らうということで戦場での魔除けとなると考えたのだそうです。
加えて古い発音で「けむし」は「源氏」であり、自分が源氏の正当な血筋だということをアピールしたのですね。

他にも織田信長の肖像画や真田家伝来の陣貝(法螺貝)など見どころがたくさんあります。
狩野派の屏風絵も見事ですし、戦国時代の文化を間近に見るチャンスをお見逃しなく!

「戦国時代展 -A Century of Dreams-」開催概要
sengoku
会期:2016年11月23日(水・祝)~2017年1月29日(日)
※会期中に展示品の入れ替えがあります。
会場:東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
開館時間:午前9時30分~午後5時30分 (土曜日は午後7時30分まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日、年末年始[12月26日(月)~1月1日(日)]
※ただし1月2日、9日、16日は開館。

京都会場(京都府京都文化博物館)の開催は2017年2月25日(土)~4月16日(日)
山形会場(米沢市上杉博物館)の開催は2017年4月29日(土・祝)~6月18日(日)

詳しくは公式サイトをご覧ください。

「戦国時代展」http://sengoku-period.jp/index.html

(xiao)

Return Top