歴人マガジン

歴人マガジン

【 気になる豪華ゲストは?】会津藩の歴史をたどる「会津まつり」が9/22~9/24に開催!

東北の人気イベント「会津まつり」(福島県会津若松市)。今年は9月22日(金)~24日(日)の3日間にわたり、提灯行列、先人感謝祭、会津藩公行列などが開催されます。毎年豪華なゲストも話題のおまつりの見どころをご紹介します!

会津まつりとは?

会津まつりのルーツは、1928年(昭和3)に行われた、提灯行列です。これは当時の秩父宮雍仁(やすひと)親王と、松平勢津子さまのご成婚を記念して行われました。

秩父宮夫妻の結婚式

先日ご婚約された秋篠宮家の眞子内親王のように、現在も皇族のご成婚は大きなニュースになりますが、当時は今以上に影響のあるものでした。なぜなら、松平勢津子様は会津藩最後の藩主あり、京都守護職をつとめた松平容保の孫だったからでした。

幕末、江戸幕府側につき、「敗者」という立場された会津藩は、明治以降様々な苦労がありました。そのため、このご成婚は会津の人々にとって、今までの苦労が報われる大きな出来事だったのです。

提灯行列が会津まつりとなったのは、1953年(昭和28)になってからで、会津若松市で開催される様々なイベントを吸収するなどして、徐々に現在の形になりました。

会津まつりの見どころは藩公行列!

会津まつり最大の見どころは、何と言っても2日目(23日)に行われる会津藩公行列です。総勢約500名で構成され、武者姿で練り歩きます。

鶴ヶ城本丸にて行われる、武者姿の参加者が揃った出陣式は迫力満点。その後、行列は街中へ出発し、各所では奴隊による毛槍による所作も披露されます。

また、毎年豪華なゲストが参加するのもこのおまつりの見どころのひとつ。福島にゆかりのあるドラマ出演者が多く、2014年から3年連続で、大河ドラマ「八重の桜」で主演した綾瀬はるかさんが参加されています。2017年の発表はまだですが、期待したいですね。

提灯行列、日新館童子行列も見逃せない

1日目(22日)の見どころは、会津まつりのルーツともなった提灯行列。市内各地から集まった小学生が提灯を持って、鶴ヶ城から神明通りまで練り歩きます。かつての提灯行列は、戊辰戦争で亡くなった会津藩士への鎮魂の意味も込められていました。白虎隊の話はあまりにも有名ですね。

2日目(9月24日)には日新館童子行列と鼓笛隊パレードが行われます。以前、歴人マガジンでもご紹介しましたが、日新館とは会津藩士の子供が通う藩校のこと。日新館童子行列では、子供が武士の姿になってパレードを行います。その後は、鼓笛隊パレードが盛んな福島の、レベルの高いマーチングも楽しめます。
関連記事:【白虎隊も訓練した!】日本最古のプールがある會津藩校 日新館

様々なパレードやイベントで、華やかなだけでなく、会津の歴史が感じられる会津まつり。その奥深さを感じに、出かけてみませんか?

会津まつり
2017年9月22日(金)~24日(日)

9月22日(金)
18時~19時予定 提灯行列
19時~20時30分予定 会津磐梯山踊り

9月23日(土・祝)
8時40分~9時10分予定 先人感謝祭
9時25分~16時予定 会津藩公行列
19時~20時30分 会津磐梯山踊り
 
9月24日(日)
10時~12時30分 日新館童子行列・鼓笛隊パレード

詳しくはHPをご確認ください
会津若松観光ナビ
https://www.aizukanko.com/event/95/

関連記事
【会津の女戦士】大河ドラマ『八重の桜』の山本八重は超凄腕スナイパーだった!?
【敵包囲網を突破せよ】会津戦争で敵中堂々入城してみせた彼岸獅子作戦

Return Top