歴人マガジン

【2018年中国No.1ヒットドラマ】「瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」2019年12月スタート

【2018年中国No.1ヒットドラマ】「瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」2019年12月スタート

清朝最盛期。愛憎と陰謀が渦巻く後宮で、その才知と信念を武器に女官から皇后へと上り詰めた型破りな女性がいた…。乾隆帝が最も愛したという皇后のサクセス・ストーリーを描き、2018年の中国No.1ヒットを記録したドラマ「瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」を、チャンネル銀河で2019年12月3日(火)より放送する。

ストーリー

清の乾隆(けんりゅう)帝の時代、繍坊の女官として後宮に入った魏瓔珞(ぎえいらく)は、宮中で殺された姉の死の真相を突き止めるため、密かに犯人を捜し始める。そして姉の遺品に皇后の弟・富察傅恒(フチャふこう)の持ち物を見つけると、彼への疑いと復讐の炎を燃やす。そんな中、妃嬪たちの権力争いに首を突っ込んでしまった瓔珞は、類まれな聡明さを認められて皇后・富察(フチャ)氏の侍女として仕えることに。これを機に傅恒に接近する瓔珞だが、彼の清廉さに触れるにつれ、次第に2人は惹かれ合っていく。しかし、予期せず乾隆帝からも寵愛を受け…。愛憎渦巻く宮廷で女官から皇后にまで上り詰めた“女傑”の物語が今、幕を開ける――!

見どころ

ヒットしすぎて放送禁止!?驚異の再生数180億回超を記録した大ヒットドラマ

配信がスタートするやいなや瞬く間に口コミで人気が広がり、一大ブームを巻き起こした本作。ドラマ部門デイリー再生数20日間連続1位、総再生数180億回を突破する歴史的記録を打ち立て、中国版エミー賞と言われる国劇盛典で4冠を獲得した。
また、中国からはアクセスがブロックされているGoogleで“2018年世界で最も検索されたTVドラマ”になるという中国ドラマ初の快挙を成し遂げた。あまりの盛り上がりに、華美な描写や欲望渦巻く宮廷闘争が社会主義的価値観に悪影響を及ぼすとして中国当局の批判を受け、テレビ放送が中止に追い込まれるという異例の事態にも発展した。

欲望と野心渦巻く後宮で、孤高のヒロインが逆襲の狼煙を上げる!

女官として後宮に入り繍坊で働き始めた魏瓔珞(ぎえいらく)は、持ち前の正義感と頭脳で数々の試練を乗り越えていく一方、ある目的のために密かに行動する。それは後宮で謎の死を遂げた姉の死の真相を突き止めることだった。彼女は富察(フチャ)皇后の弟・傅恒(ふこう)を犯人と疑い近づくが、意に反して彼に惹かれていく。同時に、思いがけず乾隆(けんりゅう)帝からも好意を寄せられ、愛憎渦巻く宮廷で波乱の人生を歩むことに。
妃や女官たちの陰謀に晒されながらも、常にそれを上回る知略で相手を追い詰めていく瓔珞の痛快な大逆転劇は大きな反響を呼び、“やられたらやり返す”不屈のヒロイン像は女性版“半沢直樹”と評された。二転三転するミステリーの行方、一筋縄ではいかない三角関係の恋愛など、ドラマチックな展開から一瞬たりとも目が離せない!

主演ウー・ジンイェンら出演者が軒並みトップスターへと大ブレイク!

本作で瓔珞を演じたウー・ジンイェンは熱狂的なファンを獲得し、一躍トップ女優に仲間入り。早くも本作のチームが再結集した「皓鑭傳(原題)」で主演をつとめるなど、注目の新作も目白押しだ。また、瓔珞に想いを寄せる傅恒を演じたシュー・カイは、その端正なマスクと新人俳優らしからぬ演技力で女性を中心に大きな注目を浴びた。さらに、富察皇后役のチン・ラン、乾隆帝役のニエ・ユエン、後に悲劇の皇后となる嫻妃(かんひ)役のカーメイン・シェーといった実力派俳優たちも一気にスターダムを駆け上がっている。

総製作費48億円!破格の美術や衣装の映像美に目を奪われる!

製作準備に5カ月を費やして入念な時代考証を行い、200以上のセットを新たに建設、小道具も本物を揃えて清朝の華麗な宮廷を忠実に再現している。皇帝や妃嬪たちの衣装も、蘇州のつづれ織りをはじめ伝統工芸の刺繍や手織りの技を使って一つ一つ職人が手作業で制作した。さらに、中国古代の絵画からインスピレーションを受けたという淡く上品な色彩は、ファッション誌やインテリア誌がこぞって取り上げるほどの素晴らしさ。画面に映るもの全てに中国の伝統的な色彩を採用し、撮影後も映像の色調を細かく調整したことで、全編がまるで一幅の絵のような美しさを実現している。徹底してこだわり抜いた美の極致は、本作の原題「延禧攻略」にちなんで”延禧色調”と称えられた。

主人公のモデル・孝儀純皇后とは?

主人公・魏瓔珞のモデルとなった孝儀純皇后(こうぎじゅんこうごう)は、清の第6代皇帝・乾隆帝の3番目の皇后。身分の低い女官だったが乾隆帝に最も寵愛されたと言われ、6人の子供をもうけた。皇貴妃として葬られ、後に第7代皇帝・嘉慶帝(かけいてい)となる4番目の息子・永琰(えいえん)が皇太子に立てられた際、皇后に封じられた。


「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」
放送日:2019年12月3日(火)放送スタート 月-金 夜11:00~
リピート放送:2019年12月4日(水)放送スタート 月-金 午前9:30~
番組ページ:https://www.ch-ginga.jp/feature/eiraku/

画像:「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」©2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved


 

<関連記事>
【清の全盛期に君臨した男】乾隆帝とは、どんな皇帝だったのか?
【キングダムから三国志まで】いっきに学ぶ中国の歴史
【最後の帝国・清ができるまで】滅びゆく明の弱体化は秀吉のせいだった?
【中国の歴代王朝に巣食った】宦官(かんがん)は、どうして生まれたのか?!

 

Return Top