歴人マガジン

歴人マガジン

「雲の上、美しいエースの物語」(下、完結)

初めての特攻作戦。これを護衛するということは大変な名誉であり、何よりも凄腕のパイロットでないと務まらない役目だった。

さて、具体的にどんな役目なのか?

スライド1

帝国海軍上層部は、これを西沢に託した。5機の特攻機、そして西沢たち護衛の3機が空をゆく。

今回の作戦は敵のレーダーをかいくぐるため、海面スレスレの低空を飛び、敵を発見したら2千メートルまで上昇、そこから一気に急降下して突っ込む。

スライド2

西沢は特攻機を見ながら呟いた。戦闘機乗りの闘志が全身に宿る。

そして、敵の空母が見えてきた。4隻いる。すぐに西沢たちはグイッと操縦桿を引き、一気に高度2千メートルへ。さらに護衛機は特攻機を守るため、そこから500メートル高みに昇る。

そのときだった。敵機が雲間にいるのを西沢は見逃さない。
 
「こっちだ、グラマン」

特攻機ではなく、西沢たちに向かってくるよう誘った。食いついてきた。急旋回、西沢は狙いを定めた。

「ダダダダダダダッ」

エンジンに命中、グラマンは海に落ちる。

「特攻機は??」

すぐに西沢は回りを見渡す。すると敵の対空砲火の中、特攻機は空母に突入しようとしていた。西沢の視界は砲煙で暗く、必死に目で追った。その刹那、特攻機は垂直に敵空母に突っ込んだ。大爆発が起こる。

スライド3

他の特攻2機も別の空母に突っ込んだ。間違いなく仕留めただろう。さすがの西沢も残りの2機は確認できなかった。身体に電流が走る。西沢は大粒の涙を流していた。

「よくぞ、よくぞやってくれた」

長居は無用、感傷的になっている場合ではない。無事に帰り、彼らの奮闘を報告せねばならない。ギュイっと零戦を反転させ、基地を目指す。

帰り道、西沢は死というものを深く考えた。

「オレは少しでも多く敵を落とし、国を守る。迷うな」

そう自らを鼓舞し、自分の任務をシンプルに考え直した。基地に着き、戦果を報告。上官は大層喜んだ。そして西沢にこう告げた。

「零戦を置いていってくれ。特攻機を一機でも多くしたい。明日輸送機で送るから」

愛機との別れという一抹の寂しさがよぎったが、西沢は承諾した。

そして、昭和19年10月26日、西沢が操縦しない輸送機は消息を絶った。成す術もなく、敵機に撃墜された。零戦に乗れば天下無双だった男は、24歳で死んだ。

生前、西沢には仲の良い人物がいた。今に残る西沢の写真の多くは、その人物が撮った。

スライド4

西沢はこんなことを、吉田さんに云ったそうだ。

スライド5

スライド6

スライド7

スライド8

※参考資料
最強撃墜王」 武田信行(光人社)

関連記事:
「雲の上、美しいエースの物語」(上)
「雲の上、美しいエースの物語」(中)

Return Top