歴人マガジン

歴人マガジン

【 真田丸ファンにオススメ!】マストチェックな真田スポットご紹介

もう歴人マガジンでは何度もご紹介しているNHK大河ドラマ「真田丸」。
賛否ありながらも変わらず凄い人気を誇って快進撃を続けています。

これからの季節、長野や群馬は旅行散策に最高の時期。
今日は真田ファンはもちろん、真田丸から歴史に入ったビギナーの方にも十分楽しめる群馬県沼田市、長野県上田市のオススメスポットを二つご紹介したいと思います。では早速まいりましょう!

オープン後2週間ちょっとで1万人突破!「上州沼田真田丸」展

1つめは「真田丸」で大泉洋さん演じる、真田信幸(信之)の沼田城があった群馬県沼田市で開催中の「上州沼田真田丸展」。

もともと真田家が長野県の小豪族だったころから、上杉家、武田家、北条家らの大大名に翻弄されながらも必死の思いで獲得し、守りぬいた北関東の交通の要所、沼田。

その後江戸時代に至るまで幸村の信幸の手によって治められていたまさに真田ゆかりの地に、来年2017年3/31(金)まで開催を予定されているこの特別展は、3/20のオープンから約2週間ですでに来場者1万人を超える爆裂人気スポットになっているとのこと。
20日のオープニングセレモニーには、真田昌幸役の草刈正雄さんと、出浦昌相役の寺島進さんも来場され、大きな話題になりました。

この特別展は、沼田城を中心に描かれる当時の勢力図や、信幸の正室であった小松姫のエピソード、沼田が真田と深いかかわりがあることを、ドラマに登場する衣装や小道具の展示など、大河ドラマ「真田丸」の世界を通じて紹介。

これが大河ドラマ「真田丸」だ!ゾーン

これが大河ドラマ「真田丸」だ!ゾーン

また、話題の題字を制作した左官 挾土(はさど)秀平氏による、ドラマのタイトルバックにも使われている作品も実物展示、さらに信幸(信之)の甲冑や、信幸の長男・信吉が鋳造させた城鐘(県重要文化財)も実物展示されるなど、ファンでなくても楽しめる仕組みがいっぱいです。

もちろんここを拠点に、沼田市内に残る正覚寺で小松姫のお墓参りなど、史跡周りもできますので、ぜひもう一つの真田の舞台、沼田を満喫されてはいかがでしょうか?

●「上州沼田 真田丸展」イベント概要:
住 所: 群馬県沼田市下之町888 グリーンベル21・1階
アクセス:http://numata-sanadamaru.com/?page_id=75
電 話:0570-00-6667
入場料:◆普通入場券  大人 500円(前売券400円)
こども 200円(前売券160円)
◆割引券(団体割引、障がい者割引)はオフィシャルサイト参照
オフィシャルサイト:http://numata-sanadamaru.com
主催:利根沼田真田丸プロジェクト推進協議会

真田ファンの一人旅専用!上田市 別所温泉に「真田戦国部屋」が出現!

和モダンの中に質実剛健な空気が

和モダンの中に質実剛健な空気が。

さらに二つ目は、真田家の本拠、長野県上田市内の別所温泉にある「上松屋旅館」。
この旅館では、上田に来るお客様へより全身で真田浪漫を感じていただこうと、既存の一般客室2部屋を全面改装し、真田幸村をテーマとした一人旅専用客室真田戦国部屋」をリニューアルオープンしたそうです!

mainなんと一人部屋とな!?とちょっとビックリしましたが、現在予約もかなり埋まっており、歴女と言われる若い女性も多く、20〜30代の若年層の一人旅の予約が中心だそうです。

雰囲気のある六文銭のオリジナルライト。これいいなあー。

雰囲気のある六文銭のオリジナルライト。これいいなあー。

真田や六文銭にちなんだアメニティ。シブい!

真田や六文銭にちなんだアメニティ。シブい!

地産地消をテーマとした真田赤備え会席。むっちゃうまそう!

地産地消をテーマとした真田赤備え会席。むっちゃうまそう!

真田関係で上田に初めて訪れた方もいれば、毎年・毎月訪れるリピーターのお客様もいるとか。
4月中旬からは上田城で千本桜祭りや真田関係のイベントも目白押し。
真田戦国部屋で幸村に浸れる戦国浪漫の旅を満喫してみてはいかがでしょうか?

●客室詳細
名称:真田戦国部屋(2部屋:幸村・信繁)
ご利用人数:1名様利用のみ
フロア:湯端館6F
仕様:和室6畳+洋室 バストイレ付きベッドタイプ・禁煙
設備:セーフ・エアコン・フラットプラズマテレビ・DVDプレイヤー・真田の書籍やアメニティ等
料金(1泊2食/税別・入湯税別):平日 ¥17,000〜、休前日¥20,000〜

●問い合わせ先
信州上田別所温泉 上松屋旅館
〒386-1431 長野県上田市別所温泉1628
TEL: 0268-38-2300 FAX: 0268-38-8501
E-mail: info@uematsuya.com
Web: www.uematsuya.com

さて、いかがでしたか?
沼田も上田も捨てがたい・・・
それこそ上田に宿をとって、車で真田家が歩いた道を走ってみるような周遊もアリですね!
あ、でも週末の渋滞については責任を取れませんので悪しからず(笑)

参照元:
上州沼田真田丸展」オフィシャルサイト
上松屋旅館」オフィシャルサイト

編集長Y

Return Top