歴人マガジン

歴人マガジン

【 岡田さんが三成を演じられる歳になるのを待っていた】映画『関ヶ原』完成披露で超豪華キャストが集結

【 岡田さんが三成を演じられる歳になるのを待っていた】映画『関ヶ原』完成披露で超豪華キャストが集結

司馬遼太郎の小説を映画化した、戦国エンタテインメント超大作「関ヶ原」
その公開を記念し、7月18日(火)に完成披露イベントと舞台挨拶が東京・豊洲で開催されました。

イベントには、主人公・石田三成を演じた岡田准一さんを筆頭に、初芽役の有村架純さん、島左近役の平岳大さん、小早川秀秋役の東出昌大さん、蛇白(阿茶)役の伊藤歩さん、豊臣秀吉役の滝藤賢一さん、前田利家役の西岡德馬さん、三成の最大の宿敵・徳川家康を演じた役所広司さん、そして原田眞人監督が登壇、会場を盛り上げました。

キャスト陣が「出演できてよかった」と大絶賛

「いざ出陣」の掛け声とともに大砲が鳴り響き、完成披露イベントがスタート。
主役の三成役・岡田准一さんは「『関ヶ原』という、司馬先生の聖域とされてきた作品を完成することができ、嬉しく思っています。出演できてよかったと涙が出る作品」と感慨深げ。

続く有村さんは「所作やアクションなど難しく戸惑いもあったのですが、原田監督や素晴らしいキャストの皆さんに囲まれ刺激的な撮影となりました。」と初めての時代劇の撮影を振り返りました。また、当日の天候が悪かったことから、「雨、大丈夫でしたか?」と来場者を気遣う場面も。(そして平さん以降の全員がこのコメントを真似しだす)

初芽役の有村架純さん。
女性ファンからも「可愛い~!」と歓声が。

なぜ今、この「関ヶ原」を映画化したのか?という司会者の問いに、原田監督が「岡田さんが三成を演じられる歳になるまでずっと待っていた」と語ると、会場からはおお~!と歓声が。

「今の日本には正義がないから、『大一大万大吉』を掲げた三成のような人にいて欲しいと思う。今こそ、三成を再評価すべき。」という原田監督の言葉に、岡田さんも「三成公に喜んでもらえるように演じます、と墓前で誓って撮影に臨みました。今後、三成への評価が変わっていけばいいなと思います」と三成への想いを語りました。

家康役の役所広司さんも「戦国を描いた映画はたくさんありますが、岡田君が新しい三成像を作り上げた。何度見ても新しい発見がある作品」と本作を評しました。

徳川家康役・役所広司さん。
「V6に入ることになった役所です」とお茶目なコメントで会場を沸かせる

 

本作において、三成にとって重要な存在といえば、島左近。
岡田さんは左近を演じる平さんについて「すごく役に入られる方。役に入るとスゴイ(怖い)顔で見てくるので、メイクした後はあまり話さないようにしていました(笑)」と告白。皆にはライオン丸と呼ばれていたのだとか・・・。

島左近役の平岳大さん。小説の左近のイメージぴったり!

 

原作のファンでもある小早川秀秋役の東出さんは「ひとりひとりの登場人物が活きていて、2回3回と見たい映画になっています。分かり易すぎず、難しすぎない。原作ファンもこれが『関ヶ原』だ、と思ってくれるはず」とベタ褒めしていました。

小早川秀秋役の東出昌大さん。東軍側にいます(笑)

当日会場には多くの女性ファンがおり、蛇白(阿茶)役の伊藤さんは「これだけ多くの女性に関ヶ原の映画を見てもらえるのが嬉しい」と笑顔。前田利家役の西岡さんは「試写を見て監督が『七人の侍』(黒澤明作品)に負けず劣らずの素晴らしい作品になったと言ってましたが、本当にその通り。」と語りました。

秀吉役の滝藤さんにとっては、『クライマーズ・ハイ』以来の原田監督作品。岡田さんいわく、本作では尋常じゃない気合が入っていたようで「ものすごく気合の入った秀吉を見せていただきました(笑)」とのこと。

豊臣秀吉役の滝藤賢一さん。4時間以上かかったという特殊メイクも必見

 

完成披露イベントには鉄砲隊も出陣。
参加した大勢のファンとともに岡田さんの「いざ、出陣!」の掛け声で締めくくられました。

掛け声とともに火縄銃が発射。三成公は一足先に笹尾山へ・・・

その後行われた完成披露試写会の舞台挨拶では、撮影時のエピソードで盛り上がるキャスト陣。
現場での原田監督は、普段の穏やかな印象から想像がつかないほど怖い?そうで、岡田さんいわく「普通エキストラの方って笑顔で映っちゃったりして、笑わないでくださいと注意が入るんですが、今回はひとりも笑っていませんでした(笑)」とのこと。いい意味で緊張感のある現場だったんですね・・・。

怒ることで有名?だという原田監督。平さんも「怒られたのは中学の部活以来」と苦笑いだったそう。

また岡田さんは、同作に伊賀の忍び・赤耳役として出演し今月亡くなられた中嶋しゅうさんを悼み、「憧れの俳優さんでした。完成を観る前に亡くなられたので、映画が大ヒットして(中嶋さんに)届けばいいなと思っています」と語りました。

豪華キャスト陣はもちろん、本格的な合戦シーンや歴史的建造物でのロケも見どころとなっており、歴史好きにはぜひ見てもらいたい本作。
映画の公開は来月8月26日(土)。今のうちに原作をじっくり読みこんでおけば、より楽しめること間違いなしですよ!

映画『関ヶ原』
2017年8月26日(土)全国ロードショー
公式HP:http://sekigahara-movie.com/

出演:岡田准一 有村架純 平岳大 東出昌大/役所広司
監督・脚本:原田眞人
原作:司馬遼太郎「関ケ原」(新潮文庫刊)
製作:「関ヶ原」製作委員会
配給:東宝 アスミック・エース
(C)2017「関ヶ原」製作委員会

©2017「関ヶ原」製作委員会

【ストーリー】
関ヶ原の戦い――それは、戦乱の世に終止符を打ち、後の日本のありようを決定づけた。
秀吉亡き後、豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成(岡田准一)と、
天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)。両雄はいかにして世紀の合戦に向かうのか?
そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽(有村架純)との、密やかな“愛”の行方は・・・・・。
権謀渦巻く中、“純粋すぎる武将”三成を中心に、忠誠を誓う島左近、両軍の間で揺れる
小早川秀秋など武将たち、彼らを取り巻く女たちの“未来に向けた”戦いが、今、幕を開ける!!

(編集部)

 

関連記事
【豪華キャスト続々発表】岡田准一が石田三成に!司馬遼太郎の巨編「関ヶ原」が2017年8月映画化
【データで分かる関ヶ原の戦い】裏切者が出なくても、石田三成は徳川家康に負けていた!?

Return Top