歴人マガジン

歴人マガジン

【 頼朝や信長も愛した 】日本の大相撲1500年の歴史

日本の伝統文化である相撲。起源は神話の時代まで遡り、実に1500年以上もの歴史を誇ります。そんな相撲の歴史や文化を紹介する過去最大級の相撲展覧会「大相撲展 Oh!SUMO EXHIBITION」があべのハルカス(大阪府)にて3月18日(日)まで開催中。日本に深く根ざし、つねに人々の生活とともにあった相撲の歴史とともに、展覧会の見どころをご紹介します。

「大相撲展」で展示される手形とサイン。

神話の時代からあった相撲

日本の相撲の起源としては、『古事記』や『日本書紀』の中にある力くらべの神話や、それらに登場する野見宿禰(のみのすくね)と当麻蹴速(たいまのけはや)の天覧試合があげられます。この頃、相撲によく似たスポーツは、世界各地で行われていたようです。

当麻蹴速と角力を取る野見宿禰。

さらに奈良時代には、豊作を祝うための宮中行事「相撲節会」として毎年七夕に行われるようになり、平安時代後期まで続いたとされます。

頼朝も信長も好きだった相撲

武士の世になると、相撲は神事としてよりも、身体鍛錬のために欠かせないものとみなされるようになります。
文治5年(1189年)、源頼朝が鶴岡八幡宮で上覧相撲を開催。相撲だけでなく、流鏑馬、古式競馬も併催され、まさに武士のオリンピック的なものが行われていたようです。
また、織田信長も相撲を深く愛好。各地から力士を集めては上覧相撲を催し、勝ち抜いた者を家臣として召し抱えていたとされます。

織田信長の史料『信長公記』にも、相撲大会
が頻繁に開催されたことが書かれています。

一般庶民の娯楽になった江戸時代

江戸時代に入ると浪人や力自慢の者の中から、相撲を職業とする者たちが現れ、全国で勧進相撲が行われるようになります。
勧請とは寺社仏閣が維持費用をあつめるもので、現代でいうチャリティ興行のようなもの。おもに京都で行われていました。

江戸時代の相撲絵。

江戸中期になると、定期的に相撲が興行されるようになり、やがて谷風、小野川、雷電などの3大強豪力士が出現。将軍上覧相撲も行われ、相撲の人気は急速に高まり、今日の大相撲の基礎が確立されるに至ります。相撲は歌舞伎と並び、一般庶民の娯楽となったのです。

江戸時代から変わらない大相撲の姿

展示される横綱・稀勢の里の綱。

長い歴史の中で次第にルール化され、スポーツとしての形態が整えられた大相撲。現在でも、土俵入り、番付表、化粧まわし、髷、着物など、江戸時代と変わらぬ姿を見ることができます。

展示される琴奨菊関の化粧まわし。

今回開催される「大相撲展 Oh!SUMO EXHIBITION」では、相撲の一番の魅力である「勝負」をテーマに、歴代の名勝負の紹介や、取り組みを力学的に検証。また、化粧まわしや懸賞幕、浴衣など、アート視点での展示も行われます。

展示される床山道具。

また、大相撲を支える裏方の世界や道具など、相撲の魅力を様々な視点から紹介。さらに、ほぼ原寸大の土俵で横綱との対戦を疑似体験できる「VR相撲体験コーナー」など、もりだくさんの内容です。

「VR相撲体験」イメージ。

また、3月7日(水)には、大関・豪栄道関が来店するとか。
相撲ファンはもちろん、歴史ファンにもおすすめの「大相撲展」。ぜひチェックしてみてください。

「大相撲展 Oh!SUMO EXHIBITION」

開催期間:2018年3月3日(土)〜3月18日(日)
開催時間:午前10時〜午後8時
※入場は、閉場の30分前まで
※最終日は午後5時まで
休館日:会期中無休
開催場所:あべのハルカス近鉄本店ウイング館4階第2催会場
お問い合わせ先HP:「大相撲展 Oh!SUMO EXHIBITION」
http://www.ohsumo.info/

(編集部)

関連記事
【 危な過ぎて禁止令も?】 軍事訓練から伝統文化まで、日本のスポーツの歴史
【男装の芸者、歌舞伎の女形…】興味津々!浮世絵で見る江戸の異性装文化

Return Top