歴人マガジン

【動画再生82億回の大ヒット作】中国ドラマ「慶余年」2021年6月より日本初放送スタート!

現代の記憶を持ったまま戦乱の世に転生した青年が、自身の出生の秘密と母の死の真相を追い求めていく壮大な歴史ドラマ『慶余年』。さまざまな謎や伏線が仕込まれた緻密なストーリーが話題を呼び、動画再生数82億回を達成した大ヒット作を、チャンネル銀河で2021年6月2日(水)より日本初放送する。

戦乱の世に転生した青年が背負う、過酷な運命の行方とは?

物語は、現代の概念で古代史を読み解くという提案を却下された文学部専攻の大学生・張慶(チャン・チン)が、教授を説得するために書き上げた小説「慶余年」を語るという形で始まる。
主人公は難病で命を落とし、現代の記憶を持ったまま古代に転生した青年。彼は南慶国司南伯・范建(ファン・ジアン)の隠し子・范閑(ファン・シエン)として生まれ変わり、京都(けいと)から遠く離れた町で、幼い頃から武術や毒の知識などを叩きこまれて育つ。立派な青年となった頃、京都からの迎えがやって来る。道中、何者かに命を狙われながらも、范家にたどり着く范閑。そこで范建から、殺された母の商売「内庫」が皇室に管理されていると聞かされる。「内庫」は皇室にとってカネのなる木。その管轄権を手中に収めるため、時の皇帝・慶帝から、范閑は「内庫」を管理している長公主の隠し子・林婉児(リン・ワンアル)と結婚するよう命じられる。しかし范閑は、京都に向かう途中の廟で、鶏の足をかじっている美女に一目惚れしていた。皇帝から賜った婚姻を退けようとするが、実はその美女こそが林婉児。互いの正体を知らない2人は…。

見どころ

動画再生数82億回達成!緻密なストーリーが話題を呼んだ大ヒット作!

日本でも大ヒットした『擇天記~宿命の美少年~』や『将夜 戦乱の帝国』の原作者・猫膩(マオニー)による壮大な長編小説を映像化。王朝の権力争い×ミステリー×タイムスリップ×コメディと盛りだくさんの要素を破綻なく練り上げた緻密なストーリーは、途中で離脱不能の面白さ。シリアスな展開だけでなく、コメディタッチなシーンが絶妙に織り交ぜられているのも、幅広い視聴者から支持を得た理由だ。動画配信サイトでの再生回数は82億回を達成。中国の権威あるドラマ賞「白玉蘭奨(2020)」では、『長安二十四時』などの強敵を押さえて最優秀脚色賞を受賞するほどの大ヒット作となった。

新星チャン・ルオユン主演!注目の若手と豪華ベテラン俳優の競演が物語を盛り上げる

謎が謎を呼ぶストーリーの緻密さもさることながら、キャラクターがそれぞれ丁寧に、かつ生き生きと描写されているところもこのドラマの魅力のひとつ。頭が切れて武術に長け、大物とも堂々と渡り合う主人公・范閑を演じるチャン・ルオユンは、『ダイイング・アンサー~法医秦明~』などの演技で注目されている若手実力派。飄々とした持ち味の范閑というキャラクターを見事に演じ、多くの視聴者を魅了した。美貌と演技力を兼ね備えた林婉児役のリー・チンも、最新作『驪妃(りひ)-The Song of Glory-(原題:錦繍南歌)』でヒロインに抜擢される注目株。大ヒット作『陳情令』主演の最旬イケメン俳優シャオ・ジャンも登場するなど、話題の若手俳優たちが集結している。さらに、『項羽と劉邦 King‘s War』『インファナル・アフェアⅢ』で知られ、国家一級俳優の称号を持つ中国を代表する名優チェン・ダオミンが、圧倒的存在感で慶帝を快演。同じく国家一級俳優のウー・ガンも、冷徹な鑑査院院長の役で脇を固めている。こうした物語を支える豪華ベテラン俳優たちの演技にも注目だ。

人物相関図


中国ドラマ「慶余年」
放送日時:2021年6月2日(水)日本初放送スタート 月-金 午後1:00~
番組ページ:https://www.ch-ginga.jp/feature/keiyonen/point/
出演:チャン・ルオユン(范閑[ファン・シエン]/張慶[チャン・チン])、リー・チン(林婉児[リン・ワンアル])、チェン・ダオミン(慶帝)、シン・ジーレイ(海棠朶朶[ハイタンドゥオドゥオ])、ウー・ガン(陳萍萍[チェン・ピンピン])、シャオ・ジャン(言氷雲[イエン・ビンユン]) ほか
制作:2019年/中国/字幕/全46話/HD/[原題]慶余年
©Tencent Pictures Culture Media Company Limited/©New Classics Television Entertainment Investment Co., Ltd.


あわせて読みたい関連記事

Return Top