歴人マガジン

【泉秀樹の歴史を歩く】お蚕主義者 渋沢栄一

歴史作家・泉秀樹が歴史の現場を探訪取材し、独自の視線で人と事件を解析して真実に迫る「泉秀樹の歴史を歩く」(J:COMテレビで好評放送中)。

今回のテーマは、「お蚕主義者 渋沢栄一」

脱皮をくりかえし、貴重な生糸を吐き続ける蚕。

節操などかなぐり捨てて、時がくれば殻を脱ぐ。

日本の資本主義経済を確立した「お蚕主義者」はどんな風に生きたのか。

歴史作家「泉秀樹」が渋沢栄一を独自の視線で解析する。

第1章

渋沢栄一は天保11年(1840)2月13日に生まれた。

出身地は、武蔵国・榛沢郡血洗島村、現在の埼玉県深谷市である。

この血洗島村は、質のいい田圃がなく、養蚕と製糸、藍玉作りで生計を立てていた。

折から藍玉の製造販売が大きく伸びている時期だった。

渋沢家は金貸しと質屋もやっており、気がつけば村では二番目の資産家に成長していた。

第2章

慶応2年(1866)一橋慶喜は十五代将軍に就任し、栄一は「陸軍奉行支配調役」に任じられた。

一橋家の家臣から、かつて倒すべきだと考えていた幕府の役人、つまり「幕臣」になったのだ。

翌年フランス国のパリで開かれる万国博覧会に将軍・慶喜の弟・昭武を名代とする幕府使節団を派遣することになったが、栄一も同行するように、という命令だった。

第3章

「大政奉還」の後、帰国した栄一は早速静岡へ行き、慶喜が謹慎していた宝台院(静岡市葵区常磐町)を訪ねた。

慶喜に面会した栄一は、フランスに留学した昭武のことを報告したり、ヨーロッパ巡遊の話をしたりして退去したが、栄一が旅館に滞在していると、静岡藩庁から出頭命令が来た。

静岡藩の「勘定組頭」に任ずるという辞令書を渡されたのだった。

第4章

それまで何度も何度も蚕のように「脱皮」を繰り返し、そのたびに新しい自分に生まれ変わり、

日本のために大きな貢献をした栄一は、積極的に民間企業をつくり育てて経済的な利益を生み出して国民一人一人の生活を豊かにし、幸福にしてゆこう、と考えた。

それこそが国家社会に利益を還元できる最良の方法なのではないか、と。

番組ナビゲーター:泉秀樹(いずみ ひでき)
作家・写真家 昭和18年(1943)静岡県浜松市生まれ。昭和40年(1965)慶應義塾大学文学部卒業。産経新聞社記者・編集者などを経て作家として独立。写真家としてもヤマハ横浜・藤沢で『モーツアルトのいる風景展』、藤沢市民ギャラリーで『四季の藤沢-人と海と街展』を開催するなどの活動をつづけている。昭和48年(1973)小説『剥製博物館』で第5回「新潮新人賞」受賞。日本文芸家協会会員。

「泉秀樹の歴史を歩く」

番組ページ:https://www2.myjcom.jp/special/jtele/rekishi-wo-aruku/

<Jテレ(J:COMテレビ)視聴情報>
J:COM対応済みの建物であれば、未加入者さまでもJ:COMテレビを無料でご覧いただけます。
詳しい視聴方法はこちら:https://c.myjcom.jp/jtele/userflow.html#area
【放送エリア】
札幌・仙台・関東エリア
地上デジタル10ch
関西・福岡・北九州エリア
地上デジタル12ch
下関エリア
地上デジタル111ch
熊本エリア
地上デジタル11ch

<アプリ「ど・ろーかる」視聴情報>
様々な地域情報をお届けするアプリ「ど・ろーかる」では、過去にJテレで放送された「泉秀樹の歴史を歩く」をアーカイブ配信中。アプリをダウンロードすればどなたでも無料でご視聴いただけます。
詳しいサービス情報はこちら:https://www2.myjcom.jp/special/dolocal/

あわせて読みたい関連記事

Return Top