歴人マガジン

【 江戸の性事情 】花魁から夜鷹まで…庶民はどう遊んだ?江戸時代の気になる性産業

吉原」、「花魁」、「太夫」という言葉は聞いた事がある人も多いでしょう。しかし、江戸時代の遊女がみんな花魁のように華やかかというと、もちろんそうではありません。美しい部分だけがメディアでは取り上げられていますが、本当はどんなところだったのか。今回は「江戸時代の吉原」と、「江戸時代の性風俗事情」をご紹介します!

庶民はまず手が出せない桁違いの「花魁」「太夫」

明治時代の花魁
明治時代の花魁

遊女の最高位である「花魁」や「太夫」は、一晩お相手していただく値段も数十万円と最高額。
しかも、数十万円とは「その場に行けた人」が支払うお値段です。一度立ち寄ってスグに・・・なんてことは無く、最低でも3回は通わなければなりませんでしたし、せっかく訪ねても花魁や太夫の機嫌が悪ければ簡単に袖にされてしまいます。
花魁に関連するお店などでも、派手に遊ばなければ認められません。従って、花魁の元へ行くためには現在のお金で400万円~600万円程度は必要だったとされています。

庶民の年収が簡単に飛んでしまう世界なので、庶民の手には入らない高嶺の花。
ただ、どんなにお金を積んでも平気でフッてしまえるのが花魁。豪商や大名、殿様だろうが花魁の前では関係無いのです。

【遊郭・吉原の光と闇】苦界で輝いた太夫のその後とは

庶民が奮発して楽しむ「局見世(つぼねみせ)」

豪商や大名ではない庶民が、給金を握り締めて通うのが「局見世」。一般的な売春宿で、長屋形式に長く続いています。
そんな長屋の中の遊女をチェックし、気に入った娘を買っていくのです。
局見世は主に、今日はちょっと奮発しちゃうぞ、って庶民の旦那衆でいつも賑わっていたようです。
値段設定や遊女の質は店によって違っており、自由に設定することが可能。ちょっと高めの局見世は「金見世」というとか。

Return Top