歴人マガジン

歴人マガジン

花魁と太夫の違いとは?格差が激しい吉原での遊女の身分と地位

吉原遊郭と聞くと、艶っぽい雰囲気の華やかな風俗街を想像されるのではないでしょうか。しかし、そこで生活していた女性たちには日々の現実がありました。

今回は、光り輝くような花魁や太夫についてだけでなく、彼女たちの身分や地位の違いについても、詳しくご紹介していきます。

絵師:一恵斎芳幾による花魁道中の錦絵。桜の風情と相まって優雅ですね。

花魁と太夫の違いとは

吉原や花街といった言葉から連想される「花魁(おいらん)」「太夫(たゆう)」。みなさんはその違いをご存じでしょうか。

「花魁」は高級遊女に対する呼称で、「太夫」は主に芸事をサービスする芸妓の最高位の称号という違いがあります。

花魁の名前の由来

「花魁」は「遊女」のなかでも、その美しさや芸事の技能により高い評価を得た女性に対する一般的な呼び方です。

一説には尻尾を使って人をだます狐や狸と違い、手練手管(てれんてくだ)で客をだますことから「尾がいらない」つまり、「おいらん」となったという説もあります。

一方で妹分の遊女である禿(かむろ)や新造(しんぞう)からの呼びかけで「おいらん」という廓言葉(くるわことば)がもとになったともいわれます。この場合は「おいらの所の姉さん」といった意味合いとなります。いずれにせよはっきりした定説はないようです。

太夫の名前の由来

「太夫」は、芸の技でサービスをする職業(舞妓、芸子、芸妓など)の中でも、芸と教養も兼ね備えた女性に与えられる、最高位の称号です。

「太夫」の名前の由来は、戦国時代の出雲阿国で知られている「おんな歌舞伎」で、芸達者の役者が江戸時代初期に「太夫」と呼ばれたのが始まりとされています。

江戸と京都でも違いがあった

花魁は「身体を売る遊女のうち高級遊女の呼び方」、太夫は「高い教養などを前提として、芸事をサービスする芸妓の最高位への称号」という違いがありました。しかし、次第に遊女も太夫を名乗るようになります。

江戸吉原・京都島原・長崎丸山などに代表される日本各地の遊郭でも、遊女の階級制が成立していく中で、美貌だけでなく教養や芸事にも通じていた遊女に対して、太夫の称号が与えられたようです。後に江戸吉原で太夫の称号は、使われなくなりましたが、京都島原などでは太夫の称号は使われ続けたとされています。

格差社会だった遊女の地位

遊女という存在を商品として捉えると 、美貌、芸事、教養などが、彼女たちと「会う時間」を買う時の値段に反映されます。美貌と機知を兼ね備え、男性の人気を集められる女性であれば、遊女の中でも高い格付けをえられました。

遊女の地位は種類がたくさんあった

遊女の格付けの最高位は宝暦頃までが太夫で、その下が格子(こうし)、更にその下を端(はした)という三区分としていました。

その後、格子のすぐ下に局(つぼね)と呼ばれる区分が生まれ、散茶(さんちゃ)、切見世(きりみせ)などがあらわれます。このうち散茶は寛文8年(1668)に江戸各地に散在していた湯屋を吉原に強制移転した際に、中級ランクの遊女を区分したものです。

はじめのうちは中級以下の格付けだった散茶ですが、太夫や格子といった呼び方が流行らなくなり、格付けが上昇することになりました。その散茶が、呼び出し(よびだし)、昼三(ちゅうさん)、附廻(つけまわし)という区分に分かれていきます。江戸中期以降は昼三などが中級から上級の遊女を指すようになったとされています。

上位格付けの遊女達は以下のような大まかな区分に分けられました。

  1. 呼出し昼三
  2. 平の昼三
  3. 座敷持ち
  4. 部屋持ち

そして上級遊女たちを一般的に花魁と呼ぶようになったとされています。

極貧生活から這い上がるために

吉原をはじめとした遊郭で働く女性たちは、貧しさのために借金を重ねていた実家から、幼い頃に妓楼に買われてきます。借金返済のための年季という期間が定められており、脱走しないように吉原大門という関所よりも内側に閉じ込められて暮らしていました。

雇用主である見世の旦那は、見込みのある少女を「秘蔵っ子」として英才教育を施し、将来の太夫候補としてデビューさせることを望んでいたでしょう。遊女としても、働きながら芸の技や教養を磨いて最高位まで登り詰めて太夫となる、現代でいうシンデレラガールを目指していた者がほとんどでした。

花魁はアイドル!?世間的な地位

吉原で太夫が一般的だったのは、江戸時代前半から中期までです。
太夫は主に公家、大名、旗本ら上流階級の身分の人を相手にしていました。しかし、江戸時代中期には風紀取締の流れもあり、当時の超上流客の足が遠のいていきます。結果的に、太夫としてやっていける遊女は減少していきました。宝暦年間(1751~1764年)の頃には、太夫と呼ばれる遊女は吉原で消滅します。

遊女と遊ぶには大金が必要だった

茶屋には席料、料理屋には料理代、見世には揚げ代(遊女が相手をする代金)が入る仕組みになっていました。江戸時代を通じて格の高い見世の遊女を買う客は、揚屋(のちには引手茶屋)と呼ばれる店で遊女を呼んでもらい、宴席を設けたあとに自分の買った遊女を連れて見世へ登楼(とろう。入店のこと)するという手順を踏みます。席料、料理代から揚げ代まで、かなりの大金が必要でした。現代の金額にすると、物価の違いや諸説あり、はっきりとしたことはいえませんが、ちょっと遊ぶという程度でも数十万円かかったといわれています。正に高嶺の花ですね。

このとき買われた遊女が見世から茶屋や揚屋へ向かうことを、「花魁道中」といい後世にも語り継がれています。

絵師、歌川広重による優美な錦絵。吉原中之町の花魁道中とされている。

夢のような花魁道中

時代の経過とともに、花魁道中の豪華さはエスカレートしていき、非日常感を増していきました。そのきっかけとなったのが、昼のみの営業だった元吉原から、昼夜営業できた新吉原への移転です。

きらびやかな衣装を身にまとい、禿や新造など大勢を引き連れて、夕暮れ時の遊郭の中を練り歩く一行の様子は、きっと幻想的に映ったことでしょう。その絢爛豪華な様子は、数多くの浮世絵や錦絵にも描かれています。

郭を出たら…悲しい現実

しかし、華やかな世界はあくまでも遊郭の中でのものに過ぎません。郭から一歩外に出れば、商売女とされた遊女たちの地位は低く、軽蔑の厳しい視線が待っていたようです。

そもそも禿の頃から遊郭の中で生活してきた彼女たちは、外の世界をあまり多く知らなかったはずです。炊事・洗濯・裁縫など、当時の家事技能を身に付ける機会は無く、世間の常識とかけ離れた郭での常識しか持ち合わせていません。普通の街に暮らす町人の妻としてやっていくのは、難しいことだったのではないでしょうか。

吉原の外に出ると遊女たちには悲しい現実が待っていた。その末路は……。

遊女たちの末路

遊女の末路として知られるのは、瘡毒として知られる梅毒などの性感染症での孤独な死かもしれません。大旦那から身請けされて妾になったり、結婚したり、年季明けに吉原の外で世帯を持ったりした例は、ほんの一握りだったようです。

吉原の外では強い差別が待っており、非公式の売春宿である岡場所や半公認の宿場の女郎となる者も多く、吉原に留まって妓楼の世話仕事や管理をする遣り手や番頭新造として働きつづける者がほとんどでした。

そんな遊女たちのささやかな夢は、吉原遊郭に出入りする商人や職人と結婚すること……。
それが、彼女たちの手の届く現実的な小さな幸せだったのかもしれませんね。

 

関連記事:
【 江戸の性事情 】花魁から夜鷹まで…庶民はどう遊んだ?江戸時代の気になる性産業

Return Top