歴人マガジン

歴人マガジン

【止まらぬ人気!】「越前漆 iPhoneケース」に最新作登場!

歴人マガジンで過去2回ご紹介し、その度に大きな反響を呼んでいる「漆塗りのiPhoneケース」。
今回販売元であるnaire-shopの担当者Sさんから「最新版が追加されたのでよかったらご紹介を」と嬉しいお知らせをいただきました。

「スマホケースに漆」という今までなかった発想のコンセプトと、漆のもつ独特の質感、そして職人さんの熟練した手技が生み出すその珠玉のデザインがマッチして、販売元のnaire-shopさんにはたくさんのお問い合わせがあるそうです。

初回販売の3パターンに前回追加した4パターンのデザイン計7種類に加え、あらたに5種類が追加。
さらに昨年ではiPhone5&5Sまでの販売だったのに対し、今回からはiPhone6&6plusにも対応しての販売です。
ではさっそく新しい5パターンを見てみましょう!

【五重塔】
naire-kumejirow-008-230x166
【舞蝶】
naire-kumejirow-009-230x166
【柳】

naire-kumejirow-011-230x166
そして今回完成したばかりの【福福到来】と【錦鯉】。
naire-kumejirow-016
naire-kumejirow-017-230x166
また今回もうならせてくれました!!個人的には最新2作のシルバーがお気に入りです。
【福福到来】は商売繁盛・家内安全・交通安全・社運隆盛など、沢山の福運を運んでくれるダルマをモチーフに、【錦鯉】は「泳ぐ宝石」と呼ばれ、縁起がよい風物。これらの絵柄をに銀粉を用いて、粂治郎が独特な毛筆の雰囲気で表現したとのこと。

すごくシックな質感と色合いでありながら、絵柄はかなり大胆な構図。
町中で出したらかなりの注目度アップは間違い無しでしょう。
商品を作り上げるまでの漆の工法やお値段など詳細はnaire-shopをチェックしてみてくださいね!

下記に過去記事を載せましたが、この商品群の取材記事を書いて嬉しかったのは
「歴人マガジンを見てサイトのアクセス数が急にあがりました」と言っていただけたこと。
アクセスを調べてみたら、前回前々回ともに2度とも記事掲載をきっかけにアクセス数が伸びたのだそうです。

本当に素晴らしい商品なので、ある程度予想はしていたのですが「日本に古くから伝わる伝統文化を現代の技術の粋を集めたスマホに活かす」という考えは、まさに歴人マガジンでも見習いたい方向性。これからもこの素晴らしい商品のPRを応援していきたいと思います!

参照元:
naire-shop オフィシャルサイト

関連記事:
【前回大反響】「越前漆 iPhoneケース」新デザイン & 5版も登場!
【美しすぎ】iPhone6 × 日本の伝統美「漆」がマッチしすぎる件。

Return Top