歴人マガジン

歴人マガジン

哲舟の「歴史ドラマ一騎語り!」 VOL.2 袁紹&陳宮編

三国志ドラマに見る袁紹と陳宮

 

現在、チャンネル銀河で放映中のドラマ『曹操』(そうそう)が、4月28日(火)で最終回(全41話)を迎える。

本作の第38話で描かれたのが、曹操の最大のライバルでもあった袁紹(えんしょう)の死。曹操との決戦「官渡(かんと)の戦い」に敗れた袁紹の最期は、本作におけるハイライトシーンのひとつだ。

 

02-1

 若いころは旧友でもあった両者。高級官僚ではあるが、宦官(かんがん)の子というコンプレックスを持つ曹操に対し、袁紹は名門出身の超エリートという対照的な描写がよく描かれていた。

「袁紹は威厳がある風貌だった」と史実に書かれているように、ドラマでもなかなかの貫録。反董卓(とうたく)連合軍の盟主を務めたとき(第17話)も、それにふさわしい、いかにも偉そうな振る舞いが印象的だった。

 

 

02-3

ここで今回も、同じくチャンネル銀河で放送中のドラマ『三国志 Three Kingdoms』と比較してみよう。こちらが同作の袁紹。同じ反董卓連合軍を率いていた場面だ。こちらはドラマ『曹操』と比べると少々困り顔ながら、なかなか味のある風貌。

 

 

02-4

 「官渡の戦い」では堂々と兵を指揮するも、曹操の卓越した軍略と奇襲の前に敗れ去った。

 

02-5

ちなみに、こちらは同作『三国志 Three Kingdoms』の陳宮(ちんきゅう)だが、彼を演じているのが、冒頭で紹介したドラマ『曹操』で袁紹を演じた(スン・ホンタオ)だ。

 

同じ三国志もののドラマで主要人物である「袁紹」と「陳宮」を演じ分けるのだから凄い。どちらの作品でも味のある演技を披露している。ぜひ観比べてもらいたい。

 

 

02-6

最後にこちらがドラマ『曹操』の陳宮。なんとも不敵な面構えがいい。曹操の非道な振る舞いに失望する場面(第15話)では、『三国志 Three Kingdoms』とは異なる描写がされていて興味深く観ることができる。

 

『曹操』http://www.cinemart.co.jp/sousou/

発売元・販売元:エスピーオー

提供:染野企業電影工作室 (C)電広伝媒文化発展有限公司

『三国志 Three Kingdoms』http://www.sangokushi-tv.com/

販売元:エスピーオー

(C)中国伝媒大学電視制作中心、北京東方恒和影視文化有限公司

========================

tesshu

上永哲矢(うえなが てつや) 通称:哲舟。歴史コラムニスト、フリーライター。

『時空旅人』『歴史人』などの雑誌・ムックに、歴史や旅の記事・コラムを連載。

三国志のほか、日本の戦国時代や幕末などを得意分野とする。

イベント・講演にも出演多数。神奈川県横浜市出身。

=========================

★哲舟さんの大人気歴史コラム「偉人は食から作られる」カレー編はコチラ! 

・カレーと武士の出会い その1 幕末日本に初めて「カレー」の名を紹介した福澤諭吉   哲舟の「偉人は食から作られる!」 VOL.15

・カレーと武士の出会い その2 初めてカレーを記録に残した23歳の幕臣 哲舟の「偉人は食から作られる!」 VOL.16 

・カレーと武士の出会い その3 幕臣の渋沢栄一による目撃談と、あの白虎隊士だった男のカレー初体験 哲舟の「偉人は食から作られる!」 VOL.17 

・【飲みたい食べたい】歴史コラムニスト 哲舟さん「偉人は食から作られる」1~10回まとめ!    

 

 

Return Top